BookLive!

トッパングループの電子書店「BookLive!」に関する最新ニュースをお届けします。

news131.jpg

8月26日午後3時にBookLive! for Toshibaストアが、9月30日午後3時にBookLive! for Toshibaアプリがサービスを停止する。(2015/07/24)

news046.jpg

特集ページでは、人気のTL(ティーンズラブ)マンガ・小説ベスト50を公開している。(2015/07/23)

FEATURES

「BookLive!」を徹底解剖する
特集電子書店完全ガイド2013:

eBook USERがお届けする国内の主要な電子書店の徹底レビュー。そう、これは“書店のレビュー”だ。完全ガイド2013年版の第1回目は「BookLive!」を紹介する。

news110.jpg

これを記念し、抽選で40%OFFクーポンが当たるキャンペーンも7月20日まで開催する。(2015/07/17)

news015.jpg

期間中にBookLive!へ新規入会し、クレジットカードを登録したユーザーが対象。(2015/06/13)

news099.jpg

人気マンガ67作品を一話ずつ無料配信。キュレーションマガジン「Antenna」にも配信される。(2015/05/27)

news113.jpg

「俺様 封じ込みキッス」「照れ隠しで怖い顔になる受」「ドSな攻の独占欲」とか、妄想が止まらない。(2015/04/30)

news068.jpg

漫画家・田中圭一さんがBookLive!で連載中のインタビュー企画「わが生涯に一片のコマあり」。第9回に『パタリロ!』の作者・魔夜峰央が登場した。(2015/04/20)

news097.jpg

連動キャンペーンも開催。(2015/03/31)

news137.jpg

少年・青年・少女・女性・アダルト・BL・TLまでさまざまなジャンルを用意。半額対象は1巻のみからシリーズ全巻まで作品により異なる。(2015/03/27)

news069.jpg

「自宅で『聖地巡礼』 ストリートビューでマンガの舞台を巡ろう!」「今年は『使徒襲来』イヤー!エヴァに描かれた2015年と現実世界を比較する」など、マンガ・アニメネタを中心に配信中。(2015/03/24)

news012.jpg

紙雑誌購入で電子版が無料で手に入るサービス「Airbook」の対象タイトル追加も発表された。(2015/03/14)

BookLiveが行った調査結果より。(2015/03/05)

news134.jpg

『機動警察パトレイバー』『白暮のクロニクル』などのヒット作を手がけた作者が、サラリーマンから漫画家として歩み出した経緯や、渾身の1コマに込められたこだわりのアクションシーンなどを語る。(2015/03/04)

news074.jpg

電子チラシサービス「Shufoo!」とBookLive!が連携し、女性漫画家・肉子の描く4コマ『ていせい!』を配信。(2015/03/02)

news150.jpg

芳文社のマンガ590作品以上が20%オフになる「芳文社フェア」も併催。(2015/02/27)

news116.jpg

気になる作品をいまのうちに。(2015/02/20)

news040.jpg

『弱虫ペダル』(渡辺航/秋田書店)、『ONE PIECE』(尾田栄一郎/集英社)など人気マンガの第1巻と最新刊を立ち読みできる。(2015/02/05)

news144.jpg

秋田書店作品約6000冊を対象にした割引キャンペーンなども開催。(2015/01/30)

news074.jpg

『ロトの紋章』を描くことになった経緯やデビュー前の作品についてなど、ファン必見のエピソードを掲載している。(2015/01/16)

news124.jpg

TSUTAYA店舗で、Tカードを提示し、対象の紙の本を購入すると、その同一商品の電子版を提供するサービス「Airbook」が12月1日からスタート。早速試してみた。(2014/12/01)

news068.jpg

TSUTAYA対象店舗でTカードを提示して対象商品を購入すると、電子版が無料で提供されるサービスが始まる。BookLiveとの業務提携によるもの。(2014/11/27)

news116.jpg

BookLiveは、全国の20代〜50代の男女を対象とした「電子書籍の利用実態調査」を実施。紙の本と電子書籍の購入比率などが明らかとなった。(2014/11/26)

news021.jpg

プリペイドカードは2000円と5000円の2種類。(2014/11/05)

news123.jpg

東京大学や京都大学での人気作品も紹介している。(2014/10/31)

news124.jpg

サービスの終了は12月31日を予定。BookLive!への移行措置は2015年1月中旬をめどに開始予定。(2014/10/23)

news153.jpg

JTBパブリッシングの「JTBの交通ムック」シリーズや「キャンブックス」シリーズが最大50%オフに。(2014/10/07)

news085.jpg

BookLive!ポイントは今後、Tポイントに切り替わる予定。Tポイント導入後も有効期限内であれば使用可能。(2014/10/01)

news077.jpg

三省堂書店での単行本購入者には、電子版のダウンロードコードをプレゼントしている。(2014/09/26)

news127.jpg

「男性マンガ」「女性マンガ」カテゴリの新設を記念し、全てのマンガを対象に何冊でも20%OFFになるキャンペーンを開催。購入金額の10%分をポイントバックする歴史・時代小説キャンペーンも実施中。(2014/09/12)

news092.jpg

BookLive!で、『ブレイブ・ストーリー〜新説〜』の電子版全20巻の無料閲覧キャンペーンがスタート。閲覧には『ブレイブ・ストーリー新説〜十戒の旅人〜』第1巻の帯に記載のパスワードが必要となる。(2014/09/10)

news099.jpg

10万ダウンロードを達成を記念したキャンペーンが開催。ストア来店時にプレゼントするコインが、通常の1コインのほかに10コイン追加となる。(2014/09/05)

news060.jpg

「BookLive!」で文藝春秋作品の「秋の文春文庫フェア2014」がスタート。購入金額の20%分や週替わりで対象作品の第1巻を40%ポイントバックする。(2014/09/03)

news108.jpg

BookLiveは、電子書店の認知率・利用率、平均読書量や1カ月の電子書籍平均購入額について調査した「電子書籍の利用に関する意識調査」の結果を公開した。(2014/08/29)

news088.jpg

二宮和也主演で映画化もされた『大奥』がBookLive!で配信開始。1巻〜3巻が期間限定で半額になっている。(2014/08/28)

news098.jpg

『99%の人がしていないたった1%の仕事のコツ』や『50歳からは炭水化物をやめなさい』など700作品が半額となる。(2014/08/13)

news115.jpg

山と渓谷社が発売した全ての電子書籍と雑誌が対象。(2014/08/07)

news045.jpg

最大10万ポイントや旅行券などが抽選2000人以上に当たる。決済金額に応じたダブルチャンスも。(2014/08/05)

news090.jpg

BookLive!で購入した書籍代金の半額を、最大1万ポイントまでポイントバックするキャンペーンが開催。対象は6・7月に新規入会したユーザー。(2014/07/25)

news122.jpg

映画「宇宙兄弟#0」公開を記念して制作されたオールカラー版『宇宙兄弟』が、BookLiveで独占先行配信をスタート。(2014/07/24)

news100.jpg

取り扱い作品はコミックを中心に8万冊以上。有料作品の購入にはさまざまなアクションでもたまる「コイン」で行う。(2014/07/14)

news081.jpg

講談社 夏☆電書キャンペーン対象作品に関連したクイズが出題される。(2014/07/11)

news100.jpg

BookLive!の「BookLive!2014年上半期人気ランキング」が発表。(2014/07/04)

news073.jpg

戦略的パートナーシップに基本合意。(2014/06/30)

news085.jpg

前半と後半の2回実施予定。後半は6月28日午後6時にスタートするが、対象作品はまだ明かされていない。(2014/06/27)

news059.jpg

48時間の閲覧期間と終了後の7日間には、通常版と同内容で価格が安いアップグレード版の購入も可能。(2014/06/18)

news157.jpg

2日間の電子書籍レンタルか、それとも……?(2014/06/17)

news083.jpg

BookLiveは、新規入会の先着500人へ好きな本が3冊まで90%オフとなる「3冊まで9・割・引!クーポンプレゼント!入会キャンペーン」を実施する。(2014/06/02)

news137.jpg

BookLiveは、講談社のコミック雑誌『別冊フレンド』13作品の第1巻を無料配信するキャンペーンを実施。第1弾は『キララの星』『学園王子』ほか7作品。(2014/05/30)

news063.jpg
東京創元社創立60周年記念:

特集ページでは俳優や作家16名のおすすめコメントを掲載中。(2014/05/23)

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる