ニュース
» 2014年08月29日 17時20分 UPDATE

関東圏の電子書店認知率は約6割――BookLiveの電子書籍利用に関する意識調査

BookLiveは、電子書店の認知率・利用率、平均読書量や1カ月の電子書籍平均購入額について調査した「電子書籍の利用に関する意識調査」の結果を公開した。

[eBook USER]

 BookLiveは8月18日、「電子書籍の利用に関する意識調査」の結果を発表した。対象は関東1都6県に住む20代〜40代の男女で、有効回答数は2183。調査期間は7月3日〜7月6日。

 調査によると、紙の本と電子書籍を合わせた月間の平均読書量は2.21冊で、都県別では2.33冊の埼玉が1位、2位は千葉で2.32冊、3位は東京で2.31冊と僅差になっている。全体の6割以上がいずれかの電子書店を「知っている」と回答しており、認知率が最も高いのは東京で69.7%。月間の平均読書量で1位だった埼玉は61.3%で6位、2位だった千葉は60.8%で最下位となっている。

Photo あなたは月に(紙・電子問わず)何冊の本を読んでいますか?(n=2183)
Photo あなたが知っている電子書籍ストアはどれですか?(n=2183)

 電子書籍の利用率は、群馬と東京が42.2%で同率1位。1カ月の電子書籍購入金額を都県別に見ると、最も多いのは1129円の茨城で平均は924円だった。

Photo あなたが現在利用している電子書籍ストアはどれですか?(n=1429)
Photo あなたは月にいくらくらい電子書籍を購入しますか?(n=570)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia Book Club会員登録がまだの方はこちら

電子書籍/紙を問わず、読書を愛する皆さまに向け、特別な情報提供、書籍の献本、著者や業界関係者との懇親会、執筆活動を検討されている方へのサポートなどを順次提供し、皆さまの読書を強力にバックアップします。

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる