ニュース
» 2015年03月05日 14時24分 UPDATE

紙の本を買うと電子版も手に入るサービス、認知度は?

BookLiveが行った調査結果より。

[eBook USER]

 BookLiveは3月5日、全国の20〜50代の男女2201人を対象に実施した「紙の本と電子書籍の併売サービスに関する利用実態調査」の結果を発表した。

 同社は2014年6月にカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)と業務提携を発表。同年12月からは、TSUTAYA店舗でTカードを提示し、対象雑誌を購入すると、その電子版を無料で提供する「Airbook」サービスを展開している(Airbookを実際に試した記事はこちら)。

tnfigbl001.jpg 「紙の本を買うと電子書籍がもらえるサービス」の認知度(画像出典:BookLiveプレスリリース

 調査結果によると、「紙の本を買うと電子書籍がもらえるサービス」の認知度は43.2%。うち、一度でも利用したことがある人の割合は9.9%となった。

 Airbookの開始以後、雑誌の売り上げにポジティブな影響がみられるとする内容が2月にTSUTAYAから発表されているが、そちらではAirbookの利用率が高い店舗では10人に1人が対象雑誌購入時に同サービスを利用しているとするデータが示されている。

 サービス普及の課題としては、利用経験者の68%が「対象作品だと気づかずに作品を購入していた」と回答しており、対象作品やサービスの具体的な利用方法に関する認知の低さが改めて浮き彫りとなった。

 Airbookは現在、雑誌を対象としたサービスだが、調査では、「小説」(38.5%)、「マンガ」(34.2%)、「趣味・実用書」(33.9%)が対象となることを望む声が多かった。

設問「どういったジャンルの作品が、このようなサービスの対象になると良いと思いますか?」の結果 設問「どういったジャンルの作品が、このようなサービスの対象になると良いと思いますか?」の結果

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia Book Club会員登録がまだの方はこちら

電子書籍/紙を問わず、読書を愛する皆さまに向け、特別な情報提供、書籍の献本、著者や業界関係者との懇親会、執筆活動を検討されている方へのサポートなどを順次提供し、皆さまの読書を強力にバックアップします。

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる