電子書籍アプリ・ストア

電子書籍はどこで買ってどうやって読むの? 配信プラットフォームとなる電子書籍ストアから、電子書籍アプリやビューワまで、使い勝手のよいものをITmedia eBook USERがお勧めします。

news046.jpg

新たな作家の開拓、洗練されたユーザーインタフェースなどが評価された。(2015/09/30)

news011.jpg

劇場鑑賞券やオリジナルグッズ、電子版の原作小説・コミックをプレゼントする。(2015/09/26)

FEATURES

news043.jpg

2012年5月のサービス開始から年100万人のペースで増加。上位会員はリアル書店・ネットストア・電子書籍ストアを組み合わせて利用する傾向があるという。(2015/09/25)

news077.jpg

comicoのマンガ“っぽい”オリジナルフォトを誰でも簡単に作成できる無料の写真編集アプリ。デコレーションの素材として、comico人気作品のスタンプや効果線、効果音、作品の一部シーンを使用したフレームなどが200種類以上用意されている。(2015/09/18)

news040.jpg

対象は少女コミック、少年コミック、青年コミック、BLコミック、TLコミック110作品以上。(2015/09/18)

news045.jpg

第一弾としてNHK出版のテキスト9タイトルを配信予定。(2015/09/17)

news096.jpg

従来の横スクロールに加え、新たに縦スクロールを選べるようになった。(2015/09/15)

news066.jpg
電子書店完全ガイド:

eBook USERがお届けする国内主要電子書店の徹底レビュー。完全ガイド2015年の第6回目はNTTソルマーレの「コミックシーモア」を紹介する。(2015/08/18)

news036.jpg

オプティムが提供する「タブレット使い放題・スマホ使い放題(タブホ)」に、シールで気持ちをシェアできる「ぺたっとシール機能」が追加。(2015/08/12)

news134.jpg

アニメや漫画、ライトノベルなどの話題で完全匿名のチャットができる。(2015/08/11)

news095.jpg

リフロー型のEPUBにも対応。これに併せて小説・ビジネス文書のコンテンツも拡充している。(2015/08/05)

news078.jpg

『週刊少年マガジン』で連載中の作品が毎日更新され30タイトル超が無料で読めるほか、ユーザー同士で作品の感想を語り合える「ラウンジ」機能などを用意している。(2015/07/31)

news098.jpg

5月にβ版が披露された横断検索機能がパワーアップして正式リリース? 多くの出版社が賛同したようで、未購入でも検索対象となる書籍が大幅に増えてさらに利便性が増した。(2015/07/29)

news016.jpg

米Amazon.com傘下でオーディオブックの制作・配信を手掛ける米Audibleが、月額1500円でオーディオブックを聴き放題にするサービスを国内で開始した。にわかに注目を浴びているオーディオブックの今について、オーディオブック配信サイト「FeBe」を運営するオトバンク代表取締役会長の上田渉氏に聞いた。(2015/07/25)

news131.jpg

8月26日午後3時にBookLive! for Toshibaストアが、9月30日午後3時にBookLive! for Toshibaアプリがサービスを停止する。(2015/07/24)

news040.jpg

7月中にはAndroid向けアプリ「メディバンペイント ミニ」をリリース予定。今夏には同アプリのiOS版もリリースする。(2015/07/16)

news074.jpg

Amazon傘下でオーディオブックの制作・配信を手掛けるAudibleが日本でのサービスを開始。日本語コンテンツも数千タイトル用意した。(2015/07/14)

news038.jpg

GYAO!で配信している映画など約5万本と、Yahoo!ブックストアの「読み放題」で配信している2万冊と無料作品5000冊を合わせた約2万5000冊が対象。(2015/07/02)

news165.jpg

雑誌のラインアップは『SPA!』『FLASH』『FRIDAY』『AERA』『週刊現代』など全30誌。月額ポイントコース会員または月額定額の見放題コース向け会員向けに無料で提供される。(2015/07/01)

news030.jpg
電子書店完全ガイド:

eBook USERがお届けする国内主要電子書店の徹底レビュー。完全ガイド2015年の第4回目は「紀伊國屋書店ウェブストア/Kinoppy」を紹介する。(2015/07/01)

news017.jpg

横断全文検索機能や、Twitter/Facebookなどと連携したクチコミ機能が追加された。(2015/06/20)

news145.jpg

約6カ月ごとに100万人のユーザーを獲得するペースで成長中。今後、『anan』『VERY』『FIGARO japon』『JUNON』『たまごクラブ』『3分クッキング』『SAPIO』なども配信予定。(2015/06/15)

news016.jpg

講談社との業務提携で同社から4誌、ブックビヨンドも新たに『BMW COMPLETE』『野菜だより』の2誌を追加した。(2015/06/13)

news051.jpg

全文検索機能や感想などを共有できる「クチコミ機能」を追加するなど、テクノロジーの活用で雑誌ニーズの創出を図ろうとしている。(2015/06/03)

news094.jpg

アムタスの「めちゃコミック」と連携した施策。(2015/05/21)

news079.jpg

電子書店サービスの提供に必要な全ての要素を包括的に提供できるようになった。第1弾としてメディアドゥ運営の電子書店「コミなび」と連携。(2015/05/15)

news097.jpg

アプリのプッシュ機能を使った新刊情報やキャンペーン情報などの提供により、利用率の向上につながることが狙いの1つにあるとみられる。(2015/04/30)

news120.jpg

電子書籍は、クレジットカードやゴールドポイントに加え、コンビニ決済やペイジー、銀行振り込みによる購入にも対応している。(2015/03/25)

news082.jpg

購入した書籍のレーベル別所持率など7つのデータを確認できる。(2015/03/19)

news058.jpg

17万点以上を取りそろえる。ヨドバシカメラでの店舗販売や、電子書籍のセルフパブリッシングサービスの提供も予定している。(2015/03/10)

news017.jpg

1日3回までの無料閲覧や、プロの声優による読み聞かせのための音声朗読機能も。(2015/03/05)

news074.jpg

電子チラシサービス「Shufoo!」とBookLive!が連携し、女性漫画家・肉子の描く4コマ『ていせい!』を配信。(2015/03/02)

news150.jpg

芳文社のマンガ590作品以上が20%オフになる「芳文社フェア」も併催。(2015/02/27)

news025.jpg

総額40万5985円。2月中にはBOOK☆WALKERコインでも寄付できるよう準備を進めている。(2015/02/26)

news030.jpg

「たびのたね」の対象エリアに関東が追加された。(2015/02/24)

news103.jpg

アプリのリリースにより、新たに「住宅産業新聞」「日本醸界新聞」の提供も開始。3月には「日刊産業新聞(相場データカット版)」を配信予定。(2015/02/20)

news116.jpg

気になる作品をいまのうちに。(2015/02/20)

news121.jpg

GADGETの提供する電子書籍アプリ「超短篇小説ナノベル」にさらなる著名人の作品を加え、iOS向けに改定版を今春リリースする予定。(2015/02/19)

news083.jpg

落語や名作文学、ビジネス、英会話などのジャンルから53タイトルを用意している。(2015/02/17)

news030.jpg

ライトノベルの閲覧には、セルシスの電子書籍ビューワ「BS Reader for Browser」を採用している。(2015/02/17)

news074.jpg

これでMac OS X上でも快適にKindle本が読める。(2015/02/13)

news081.jpg

めちゃコミックのテレビCM開始や無料キャンペーン、めちゃコミックメンバーズクラブなどのサービス拡充などを実施していた。(2015/02/12)

news080.jpg

ページめくり速度の向上や、イラスト荒れやモアレの除去といったコミックの画質向上などの改善も合わせて実施された。(2015/02/12)

news012.jpg

7つのジャンルと、5分〜60分の読了時間から選択して本を選べる。(2015/02/11)

news114.jpg

対象書籍は、『ことりっぷ』国内版の東京、鎌倉、金沢、京都、大阪、奈良・飛鳥、神戸。(2015/02/10)

news118.jpg

小山宙哉らマンガ家25人からのイラストメッセージも無料公開している。(2015/02/06)

ITmedia Book Club会員登録がまだの方はこちら

電子書籍/紙を問わず、読書を愛する皆さまに向け、特別な情報提供、書籍の献本、著者や業界関係者との懇親会、執筆活動を検討されている方へのサポートなどを順次提供し、皆さまの読書を強力にバックアップします。

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる