特集
» 2015年05月29日 09時00分 UPDATE

電子書店完全ガイド:「eBookJapan」を徹底解剖する (1/4)

eBook USERがお届けする国内主要電子書店の徹底レビュー。完全ガイド2015年の第3回目は「eBookJapan」を紹介する。

[鷹野 凌,eBook USER]

 書店で紙の本を買うのと異なり、電子書籍はサービスなので、どこの電子書店を利用するかによってその後の読書体験が大きく異なります。

 「電子書店完全ガイド」は、国内主要電子書店を「ラインアップ」「探しやすさ」「買いやすさ」「保管しやすさ」「読みやすさ」の5項目について徹底解説します。

 2015年の第3回目は、「eBookJapan」です。2012年のレビューはこちら2014年のレビューはこちらです。

eBookJapan eBookJapan

ココが「○」
・ラインアップはトップクラスで特にマンガが強い
・本棚背表紙表示はオンリーワン
・即読みダウンロードは待たずに読めて快適
ココが「×」
・リニューアル後のストアが使いづらい
・セット販売で重複購入できてしまう
・読書補助機能が必要最小限しかない

本特集でのレビュー要素

  1. ラインアップ
  2. 本の探しやすさ
  3. 買いやすさ・保管しやすさ
  4. 読みやすさ・総括


ラインアップ

 eBookJapanの総配信数は36万9205点(2015年5月19日時点)。前回の調査(2014年1月14日)から19万760点増加し約2倍となっています。出版社一覧には1149件ありますが、例えば集英社は、「集英社」「【集英社】」「集英社/ファッション誌」「集英社/文芸」「集英社/プレイボーイ」と5つ登録されており、正確な社数は不明です。

 ジャンル別の配信数は以下のとおりです。前回調査の数字と比較しています。なお、Webサイトは3月10日に大幅リニューアルしており、タイトル別の検索結果が廃止されたため、作品数の比較のみです。

 突出して増えているのは新たに追加された「医学」ジャンルで、7万1768点あります。元々マンガ専門だっただけあって関連ジャンルの増加が目立ちますが、「ライトノベル」「文芸」「ミステリー」「歴史・時代」「エッセイ」「ノンフィクション」「ビジネス」など、文字モノの増加もなかなかのものです。

ジャンル 2014年1月14日時点 2015年5月19日時点 増加数
青年マンガ 29158 36867 7709
少年マンガ 20995 27075 6080
少女マンガ 17080 22658 5578
女性マンガ 5485 7468 1983
ボーイズラブコミック 6275 9940 3665
ボーイズラブ小説 5921 8074 2153
ティーンズラブコミック 4230 7603 3373
ティーンズラブ小説 1479 2460 981
レディースコミック 744 911 167
ハーレクインコミック 2410 2986 576
ハーレクイン小説 3364 4617 1253
ライトノベル 5692 11662 5970
文芸 22225 26615 4390
ミステリー - 7819 7819
歴史・時代 - 6444 6444
エッセイ - 7735 7735
ノンフィクション 2284 5718 3434
ビジネス 4906 11590 6684
趣味・実用(旧カルチャー) 27968 25357 -2611
学術・学芸 3118 5938 2820
医学 - 71768 71768
楽譜 14179 17335 3156
キッズ - 1220 1220
雑誌 3159 9078 5919
写真集 2372 4929 2557
アダルトコミック 5168 11582 6414
アダルト写真集 3391 5516 2125
官能小説 7003 8187 1184
マンガ雑誌 185 - -185

 数ページの小冊子がかなりの割合を占める「医学」や「楽譜」の計8万9103点を考慮しても、平均的な電子書店より頭一つ抜けている(☆+0.5)と評価できます。もともとマンガに強い電子書店ですが、今回の調査でもマンガだけで約12万7000点。前回調査時から約3万点の増加と、相変わらず他の追随を許さないラインアップを誇っています。出版社が扱わなくなった絶版作品を、直接著者と交渉して復刻・電子化する地道な発掘作業を長年行い続けてきたことが、この強さの源です。

評点:☆3.5

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia Book Club会員登録がまだの方はこちら

電子書籍/紙を問わず、読書を愛する皆さまに向け、特別な情報提供、書籍の献本、著者や業界関係者との懇親会、執筆活動を検討されている方へのサポートなどを順次提供し、皆さまの読書を強力にバックアップします。

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる