レビュー
» 2011年07月30日 09時00分 公開

Androidタブレット向けベスト電子書籍リーダーアプリトップ5 (2/2)

[Michael Koz,Good e-Reader Blog]
Good E-Reader
前のページへ 1|2       

Cool Reader

 Android向けのCool Readerは幅広いファイルフォーマットを読み込める。現在、アプリはfb2、DOC、TXT、RTF、HTML、CHM、TCR、PDB、EPUB、PRC、MOBIフォーマットに対応している。

 このアプリには最低限の基本的な機能しかなく、ライバルとなるほとんどのアプリが備えているGUIも備えていない。アプリは本棚あるいは主要なインタフェースのようなものを一切持たず、ただ書籍を読むためだけにデザインされている。

 Cool Readerはほかのアプリのように真っ白な背景を持たない。階調のある古い本のようなタイプの背景があり、わたしはすぐにそれが好きではなくなった。オプションメニューで、質感をソリッドカラーに変更することで簡単に修正できる。さらにレビューした結果、このアプリには書籍を読むときの背景が溢れんばかりであることが分かった。50種類近くある。

 このアプリのインタフェースに派手さはないが、ほかの多くのアプリにはない非常に多くの機能を備えている。例えば、簡単にノートを取ったり、辞書で単語を調べたりできる。また、フォントのタイプ、サイズと本の中のテキストのサイズを変更するほかの多くのオプションも変更できる。

 水平あるいは垂直モードでも読書できるが、書籍がより大きな画面に正しくフォーマットされるまで優に30秒はハングする。

 このアプリはまったくインタフェースを備えていないことでポイントを失っており、初心者にとって魅力がない。上級者はフォント、ハイパーリンク、ノート、辞書とその他多くの機能を自由にコントロールできるところが気に入るかもしれない。

評価:7/10

Mantano Reader

Mantano Reader

 このアプリは、PDFとEPUB以外の多くのフォーマットをまったく読み込めない。インターネット上のほとんどの書籍はこの2つのフォーマットなので良いのだが、そうでなければフォーマットを手動で変換しなければならない。

 このアプリは、ライブラリ、用語集、ノートを選択する機能を提供する変わったインタフェースを備えている。ノートオプションは素晴らしかった。なぜなら、Androidキーボードあるいはタッチスクリーン経由でノートを取ることができたからだ。取ったノートは簡単に保存でき、後日参照できる。用語集は主にただの辞書機能で、さまざまなGoogleベースのオンライン辞書から単語を調べることができる。

 このアプリの主要な機能は繰り返しになるが書籍を読むことだ。ノートを取る機能は便利だが、そのほかは大いなる時間の無駄だ。ページ送りは高速かつ印象的で、われわれがレビューしたほかの幾つかのアプリで見られたページ送りのつっかえがなかった。画面は水平から垂直モードへ待ち時間なく、即時に切り替わる。

 本を読むときに多くのオプションと設定が存在し、ほとんど圧倒的だった。まず、ハイライトを設定したり、メモを取ったり、読んでいる本の任意のページをブックマークしたりできる。ハイライト機能は素晴らしい。なぜなら、大量の選択肢を備えたすべてのカラースキームが存在し、学生やたくさんノートを取ったりハイライトを設定する人にとって便利だからだ。

 このアプリで一番素晴らしい点の1つはテキストの読み上げ機能だ。ハイライトを設定した部分を読み上げたり、単に書籍を読み上げたりしてくれる。アプリは実際にきれいにしっかりした感じで本を読む。テキストが読み上げられるにつれて、本のページが実際にめくれる。それはこのアプリの最もユニークな部分だ。

 フォントの変更などに関するオプションはほとんどないが、フォントのサイズを変更でき、画面の向きをロックできる。

 このアプリは行間隔、余白、フォント、ほかの多くの共通オプションを変更できないことに関して言えば、とてもシンプルだ。このことで購入をやめる人もいるかもしれない。ハイライトを設定したり、ノートを取ったりする機能があることは分かったし、内蔵辞書は素晴らしい。わたしがこのアプリのほとんどの機能に魅了されなかったのは事実だが、読み上げ機能によりこのアプリを本当に気に入った。

評価:8/10



前のページへ 1|2       

Copyright© 2015 Good E-Reader. All rights reserved.

(翻訳責任について)
この記事はGood E-Readerとの合意の下でアイティメディアが翻訳したものです。翻訳責任はアイティメディアにあります。記事内容に関するお問い合わせは、アイティメディアまでお願いいたします。

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる