ニュース
» 2014年12月04日 21時00分 UPDATE

楽天Kobo、出版サービス「楽天Koboライティングライフ」を12月18日から開始へ

年内開始とされていたサービスがいよいよ始まる。

[西尾泰三,eBook USER]
tnfigkwl001.jpg

 楽天Koboが電子書籍の出版サービス「楽天Koboライティングライフ」を12月18日にβオープンする予定であることが発表された。

 楽天Koboライティングライフは、Amazonの「Kindle ダイレクト・パブリッシング」(KDP)と同様、個人でも電子書籍を出版できるサービス。日本で楽天Koboがストアサービスを開始したのは2012年7月だが、そのころ海外では「Kobo Writing Life」をスタートさせている。

 その後2012年10月にAmazonがKindleストアをスタート、KDPも同時に開始したが、楽天Koboは「既存のコンテンツを集めていくことに注力したい」としてサービスインの優先度を下げていた。2014年に入ると、年内開始予定であることがアナウンスされてきたが、ようやく日本でも開始となる。

 EPUBファイルをアップロードして、価格や権利情報を設定すれば、72時間以内にストアで販売が始まる。リアルタイムのセールスダッシュボードなどの機能が提供され、販売状況をみながら本の価格を調整したりできることが特徴。

 こうした出版サービスは出版のハードルを大きく下げるもので、複数の電子書店に配本できる出版サービスを提供するBCCKSのようなサービサーも存在するが、電子書店がそれを直接提供することで、高いロイヤリティーを適用できる。BCCKSもKADOKAWAグループの電子書店「BOOK☆WALKER」との連携を発表するなど、12月に入ってこの領域は大きく動いている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia Book Club会員登録がまだの方はこちら

電子書籍/紙を問わず、読書を愛する皆さまに向け、特別な情報提供、書籍の献本、著者や業界関係者との懇親会、執筆活動を検討されている方へのサポートなどを順次提供し、皆さまの読書を強力にバックアップします。

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる