ニュース
» 2014年08月13日 17時00分 UPDATE

hontoが月間ランキングの発表をスタート、いま人気の本はこれだ

ランキングの発表とあわせて、8月にhonto 総合書店店長に就任した高山瞳さんによる解説も掲載。ランキングは紙の書籍と電子書籍を総合したものとなっている。

[宮澤諒,eBook USER]

 8月8日、ハイブリッド書店サービス「honto」を運営する大日本印刷(DNP)とDNPグループの書店、トゥ・ディファクトは共同で、丸善、ジュンク堂、文教堂とhontoのサイトで購入された書籍の「honto 月間ランキング」を発表した。集計期間は7月1日〜7月31日で、紙の書籍と電子書籍の販売データを基に作成されている。


 7月の月間ランキングについて、8月にhonto 総合書店店長に就任した高山瞳さんによる解説も掲載する。高山さんは、2010年からhontoの電子書籍サイト編成を担当。高校時代に読んだ村上龍の『69』で読書の面白さに目覚め、大学では国文学を学び、江戸時代の読み物である「黄表紙」や、松尾芭蕉の『奥の細道』に感銘を受けたという。

2014年7月の月間ランキングは『永遠の0』でもおなじみの百田尚樹『海賊とよばれた男 上』が文庫化され堂々の1位。下巻も2位にランキングされました。出光興産創業者である出光佐三の生涯が描かれており、その熱い生き様に心を打たれる内容となっています。仕事に疲れた時、心が折れそうな時に手に取ってほしい作品。まだまだやれることはある、と勇気をもらえる1冊です。注目したいのは、5位にランキングされた林真理子『白蓮れんれん』。NHKで放映中の連続テレビ小説「花子とアン」で主人公・村岡花子の友人、葉山蓮子のモデルである柳原白蓮の半生が描かれている小説です。ドラマの人気とともに、急上昇。電子書籍でもお楽しみいただけます。

 さらに、4位には東野圭吾さんの『マスカレード・ホテル』がランクイン。捜査のためにホテルマンに扮(ふん)した捜査一課の新田浩介とフロントクラークの山岸尚美。お互いの考え方の違いから衝突の絶えない2人だったが、ホテル内で起こるさまざまな出来事を経験するうちにお互いを認め合い、やがては事件解決に向け協力しあうという長編ミステリー。8月21日には、シリーズ第2弾となる『マスカレード・イブ』の発売も予定されている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia Book Club会員登録がまだの方はこちら

電子書籍/紙を問わず、読書を愛する皆さまに向け、特別な情報提供、書籍の献本、著者や業界関係者との懇親会、執筆活動を検討されている方へのサポートなどを順次提供し、皆さまの読書を強力にバックアップします。

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる