ニュース
» 2014年02月27日 14時00分 UPDATE

インプレス R&D、プリント・オンデマンドで「青空文庫」の紙書籍版を販売

アクセシビリティを考慮したポケット版/シニア版/大活字版の3サイズを用意。売上の一部は青空文庫に還元する。

[西尾泰三,eBook USER]
「青空文庫 POD」表紙イメージ。左からポケット版、シニア版、大活字版 「青空文庫 POD」表紙イメージ。左からポケット版、シニア版、大活字版

 インプレス R&Dは2月27日、電子図書館「青空文庫」の作品をプリント・オンデマンド(POD)を用いて紙書籍版(印刷書籍)として販売する「青空文庫 POD」を開始した。まずは100タイトルをAmazon三省堂書店オンデマンドで販売する(後述するポケット版の販売はこちらでは行われない)。

 青空文庫は、日本国内において著作権が消滅した文学作品を収集・無料公開しているインターネット上の電子図書館。青空文庫 PODは、注文に応じて1冊ずつ印刷・製本できるプリント・オンデマンドの利点と、同社の自動組版技術を活用することで、作品ごとに文字サイズと判型が異なる以下の3サイズを提供するのが特徴。

  • ポケット版(文字サイズ9ポイント、A6変形判)
  • シニア版(文字サイズ10.5ポイント、四六判)
  • 大活字版(文字サイズ22ポイント、B5判)
版面イメージ。左からポケット版(9pt)、シニア版(10.5pt)、大活字版(22pt) 版面イメージ。左からポケット版(9pt)、シニア版(10.5pt)、大活字版(22pt)

 同社では、制作の過程で気づいた誤植や注記の不備があった場合は青空文庫にフィードバックするほか、売上の一部は青空文庫に還元することで、青空文庫の活動に貢献していく考え。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia Book Club会員登録がまだの方はこちら

電子書籍/紙を問わず、読書を愛する皆さまに向け、特別な情報提供、書籍の献本、著者や業界関係者との懇親会、執筆活動を検討されている方へのサポートなどを順次提供し、皆さまの読書を強力にバックアップします。

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる