ニュース
» 2013年12月20日 14時00分 UPDATE

電子書籍を書店で検索、現金で購入:表紙を読み込み電子書籍情報を表示できる「ヨミCam」アプリ

三省堂とBookLiveが、Androidスマートフォン/タブレット端末向けアプリ「ヨミCam」をリリース。アプリを起動した端末を本の表紙にかざすだけで、電子書籍の検索・書店員の手書きPOPなどさまざまな情報を表示できる。検索した電子書籍を購入したい場合は、バーコードを表示してレジで決済も可能。

[渡辺まりか,eBook USER]

 三省堂とBookLiveは、Androidスマートフォン/タブレット端末向けアプリ「ヨミCam」をリリース。三省堂書店 神保町本店でサービスを開始する。

「ヨミCam」利用イメージ 「ヨミCam」店内利用イメージ

 同アプリに利用されている技術は、7月3日から東京ビッグサイトで開催された「東京国際ブックフェア」で「BookLive!カメラ(仮)」として参考出展されていたもの。

 同アプリでは、目的の書籍の表紙にかざすだけで、タイトルなどの文字入力することなく、その書籍が電子書籍化されているかどうかがすぐに分かり、検索して見つけた電子書籍を購入したい場合は、レジで決済するためのバーコード表示をすることも可能。後から購入したい場合は「クリップ機能」で気になる情報を保存することもできる。リアル書店に足を運ぶことにより、置き場所を取らず、持ち運びに便利な電子書籍を、関連書籍も含めて探しやすくなるといったメリットがある。

 また、アプリを起動した端末を書籍の表紙にかざすだけで、書店員のPOPやポスター、棚構成のストーリーなどさまざまな情報も表示できる。

 三省堂書店 神保町本店では、ヨミCam利用促進キャンペーンとして、同書店の4カ所のうち最低2カ所に設置された「AR」表示を同アプリで読み込み、同書店の紹介映像を閲覧したユーザーにBookLive!ポイント200ポイントを、また500円以上購入した人の中から抽選で10名に電子書籍専用端末「BookLive!Reader Lideo」をプレゼントする。

 アプリは無料でダウンロードでき、Android 2.3.3以降を搭載したスマートフォン/タブレット端末に対応。

290x60_Android_F.gif

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia Book Club会員登録がまだの方はこちら

電子書籍/紙を問わず、読書を愛する皆さまに向け、特別な情報提供、書籍の献本、著者や業界関係者との懇親会、執筆活動を検討されている方へのサポートなどを順次提供し、皆さまの読書を強力にバックアップします。

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる