ニュース
» 2013年12月10日 14時50分 UPDATE

米Amazon、児童向け定額コンテンツサービス「Kindle FreeTime」に“課題”機能を追加

一定量読書しないとほかのコンテンツにアクセスできないなどのペアレンタルコントロール機能。

[hon.jp]
hon.jp

 米Amazon.comは12月9日(現地時間)、タブレット機「Kindle Fire」シリーズのユーザー向けに1年前から提供してい、児童向け定額コンテンツサービス「Kindle FreeTime」をアップデート、児童がある一定の読書をしないと他コンテンツにアクセスできない機能を追加した。

 Kindle FreeTimeは、児童向けに制作された電子書籍・ビデオ・ゲーム・音楽など多数のコンテンツを月額4.99ドル(約408円)で取り放題にするというもの。Kindle Fire上に子供専用アカウントを作成し、閲覧時間を制限したり、児童専用UI画面でそのまま渡せるようになる。

 今回のアップデート版では「Educational Goals」機能が追加され、例えば指定の絵本を30分読まないと他コンテンツにアクセスできないよう“課題”を保護者が設定できるようになった。

Copyright 2015 hon.jp, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia Book Club会員登録がまだの方はこちら

電子書籍/紙を問わず、読書を愛する皆さまに向け、特別な情報提供、書籍の献本、著者や業界関係者との懇親会、執筆活動を検討されている方へのサポートなどを順次提供し、皆さまの読書を強力にバックアップします。

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる