ニュース
» 2013年11月01日 20時30分 UPDATE

KADOKAWAグループのEPUB制作仕様が公開

電書協の制作ガイドをベースにKADOKAWAがまとめた「KADOKAWA-EPUB 制作仕様」。

[西尾泰三,ITmedia]

 KADOKAWAは11月1日、自社グループの作品の電子版(EPUB形式)を制作する際の制作仕様をまとめた「KADOKAWA-EPUB 制作仕様」を公開した。

 この制作仕様は、新生KADOKAWAで共有すべき制作指針としてまとめられたもの。電子出版の領域では現在、日本電子書籍出版協会がまとめた「電書協EPUB 3 制作ガイド」が存在する。一方、電子書店によってEPUBのレンダリングエンジンには差異があり、その表示において完全なワンソースマルチユースは実現できていないという実情もある。

 KADOKAWA-EPUB 制作仕様は、BOOK☆WALKERなどWebKitをベースとしたEPUBエンジンを採用している電子書店での版面再現性を重視した仕様。電書協の制作ガイドをベースに、リフロー/固定レイアウトのいずれにも対応できるようハイブリッド型OPF(とそれぞれのCSSを内包)を策定しているほか、ストア独自の設定項目――例えばBOOK☆WALKERなら「めがイラスト」――などEPUB 3拡張仕様もOPFに独自指定を追加することで対応している。

 このほか、リフロー型で画像ページ(1つのXHTMLに1つの画像が配置されたもの)が高解像度端末で小さな表示にならないよう、部分的な固定レイアウトとSVGラッピングを組み合わせた指定も用いており、現場のニーズにスピード感をもって対応しようとする姿勢も垣間見える。また、レーベルごとの個別仕様などにも対応できるよう、グローバルとローカル分離仕様になっているのも特徴と言える。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia Book Club会員登録がまだの方はこちら

電子書籍/紙を問わず、読書を愛する皆さまに向け、特別な情報提供、書籍の献本、著者や業界関係者との懇親会、執筆活動を検討されている方へのサポートなどを順次提供し、皆さまの読書を強力にバックアップします。

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる