ニュース
» 2013年09月30日 14時00分 UPDATE

ACCESS、EPUBをサーバサイドでレンダリングする「PUBLUS Cloud Renderer」を発表

ASPサービスとして提供するほか、モジュールとしても用意。採用第一号はイーブックイニシアティブジャパン。

[西尾泰三,ITmedia]

 ACCESSは9月30日、EPUBファイルをサーバサイドでレンダリングするASPサービス「PUBLUS Cloud Renderer」を開発、提供を開始した。

 このサービスは、従来ビューワ側で行っていたEPUBのレンダリング処理をサーバサイドで行うもの。同社がHTML5ベースのブラウザビューワ「PUBLUS Reader for Browser」を発表した際に、この仕組みが発表されていた。

 レンダリングエンジンは同社の「NetFront BookReader v1.0 EPUB Edition」で使われているものと同じもの。レンダリング処理されたEPUBコンテンツは、PDFやJPEGなどに変換して配信することも可能で、電子書店事業者がEPUBサポートのためにビューワを開発するなどの手間を低減する。

 同サービスはイーブックイニシアティブジャパンが採用第一号で、同社はこのサービスを利用し、eBookJapanでリフロー型EPUBコンテンツの配信を開始している。

 ACCESSでは同サービスを電子書店事業者などのサーバや入稿システムに組み込むためのモジュール製品としても展開するほか、法人向け、教育分野向けへの展開も視野に入れている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia Book Club会員登録がまだの方はこちら

電子書籍/紙を問わず、読書を愛する皆さまに向け、特別な情報提供、書籍の献本、著者や業界関係者との懇親会、執筆活動を検討されている方へのサポートなどを順次提供し、皆さまの読書を強力にバックアップします。

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる