ニュース
» 2012年12月06日 21時00分 UPDATE

パブー、Kindleストアとの連携開始に伴いサービスの一部を有料化

個人出版サービス「パブー」がサービスの一部を月額525円の「プロ版」として有料化。ほかの電子書店に作品を配信できる「外部ストア連携機能」は新たにKindleストアとの連携が発表されたが、プロ版でのみ利用可能となる。

[西尾泰三,ITmedia]
tnfigpb1.jpg

 個人出版サービス「パブー」などを展開するブクログは12月6日、サービスの一部を月額525円の「プロ版」として有料化することを発表した。

 今回発表されたプロ版は、パブーにおける上位サービスと位置づけられるもの。プロ版のサービスメニューのうち、最もインパクトがあるのは8月に開始していた「外部ストア連携機能」。同機能は、パブー上で公開・販売する作品をほかの電子書店でも簡単に販売できるようにするもので、楽天の「koboイーブックストア」がその連携先として発表されていた。

 今回プロ版の発表に合わせAmazonの「Kindleストア」にも新たに対応。個人出版に伴って必要となる面倒な手続きを極小化し、その売上管理や入金手続きはパブーの管理者ページで一元管理できるようにすることで、個人と複数の電子書店を結ぶハブとして振る舞おうとしていることがうかがえる。なお、配信先の電子書店はユーザーが任意に選択可能。

 これまでは無料で利用できた外部ストア連携機能。同機能を利用してすでにkoboイーブックストアに並んでいる作品を含め、2012年12月末日までに配信された作品は、そのユーザーがプロ版に移行するかどうかを問わず引き続き配信される。2013年3月までは無料版でもこれらの連携作品の編集が可能で、削除は随時行うことができるという。

 外部ストア連携機能を用いてパブー以外の電子書店で販売できる作品数は各電子書店で5冊までといった制限が設けられており、今後、そうした制限のないプランも提供していく意向。また、連携する電子書店も増やすとしている。

プロ版 無料版
料金 月額525円(2012年12月末まで315円) 無料
ブログ形式で本を作成
ブログインポート機能
PDFファイルインポート機能 ○(30Mバイト) -
ZIPファイルインポート機能 ○(100Mバイト) ○(30Mバイト)
画像マルチアップロード機能 ○(100ファイルまで) ○(30ファイルまで)
自作PDF・EPUBファイルアップロード機能 各100Mバイト -
連載機能 ○(月額課金可) ○(無料の本のみ)
無料本の公開
有料本の販売 ○(最低価格10円) ○(最低価格10円)
有料販売の価格上限 6000円 3000円
外部サイト連携 Kindleストア/koboイーブックストア -(2012年内はkoboイーブックストアに対して配信可能)
予約公開・タイムセールス機能 -
メールアドレス埋め込み機能 -
振込最低金額 3000円 3000円
マイページデザインカスタマイズ機能 -
広告(PC版の本の閲覧ページ) 非表示 表示
プロ版と無料版の機能の違い


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる