レビュー
» 2012年11月21日 08時00分 UPDATE

文字編:こんなに違う――Nexus 7で主要電子書店のビューワを比較 (1/2)

ビューワよければすべてよし――とまではいわないものの、電子書籍の読書体験を語る上でビューワのできは重要な要素。ここでは、主要な電子書店のビューワの違いを徹底比較してみた。

[鷹野 凌,ITmedia]
tnfig00.jpg Nexus 7

 これまで、さまざまな電子書店を「ラインアップ」「本の探しやすさ」「購入しやすさ」「読みやすさ」「保存性」という観点で、1件づつ縦掘りする形のレビューを行なってきた。実際に各電子書店をじっくり利用してみると、そこで得られる「読書体験」にもかなり違いがあることに気付かされる。そこで本稿では、「ビューワの読みやすさ」という観点で、複数の主要な電子書店のアプリを横軸で比較してみたい。

 評価機に用いたのは、9月に発売されたGoogleの「Nexus 7」だ。工場出荷状態ではGoogleのアプリ以外何も入っていないという、まさに”素”のAndroid端末。サイズは120x198.5x10.4ミリと、四六判(127×188ミリ)と呼ばれている一般的な単行本とほぼ同じ大きさ。重さは340グラムと、一般的なハードカバー(約400グラム)より軽量で、片手で長時間持っていても苦にならない。裏側はラバー調に加工されていて滑りにくいので、左手だけで持って親指でページめくり操作ができる。電子書籍を読むのにお勧めのAndroidタブレットの1つだ。

tnfig00a.jpg 四六判書籍との比較
tnfig00b.jpg 同じ書籍の紙と電子版比較。ベゼル幅の分、表示は若干小さくなる

現時点でNexus 7未対応の電子書店

 本稿では、Nexus 7上で電子書店のアプリをビューワ部分のみ比較する。その前に、Nexus 7には対応していない電子書店について触れておこう。

 これまでレビューをしてきたうち、「honto」と「koboイーブックストア」は本稿執筆時点で未対応だ。hontoにはAndroidアプリがあり、Nexus 7にもインストールはできる。しかし、ログインしようとするとエラーが出る。これは、通信キャリアの回線がないと利用できない仕様になっているためのようだ。hontoの詳細なレビューは『電子書店完全ガイド――honto』で確認してほしい

 また、koboイーブックストアは海外でAndroidアプリがリリースされているが、日本のストアに対応していないため、日本のGooglePlayからはダウンロードできない。ただし、先日年内リリース予定とのアナウンスがあったので、もうすぐ利用できるようになるだろう。koboイーブックストアの詳細なレビューは『電子書店完全ガイド――楽天koboイーブックストア』にまとめている

tnfig01.jpg hontoアプリはインストールできるが……
tnfig02.jpg ログインしようとすると「SIMカードを正しく挿入してください」と表示される

 以下では、BookLive!紀伊國屋書店(Kinoppy)GALAPAGOS STOREKindleストアReader StoreBOOK☆WALKERGoogle Playブックスの順で紹介していく。

BookLive! Reader

tnfigBookLive.jpg BookLive! Reader

 電子書店「BookLive!」のAndroidアプリ「BookLive! Reader。本稿執筆時点のバージョンは10月31日更新の2.1.3。BookLive!の詳細なレビューは『電子書店完全ガイド――BookLive!』で確認してほしい。

 BookLive! Readerでは、フォントサイズ、行間、文字間、余白の調整と、文字色と背景色の変更、縦書き横書きの変更、ルビ表示のオン/オフができる。標準フォント以外に、推奨フォントとして凸版明朝と凸版ゴシックをダウンロードしてそれらを選択できる。


tnfig46.jpg 初めて書籍を開くと、フォントダウンロードのダイアログが開く
tnfig48.jpg フォント設定メニュー
tnfig80.jpg 文字色/背景色を白/黒にした状態

標準フォントでの表示サンプル

 フォントダウンロードをキャンセルすると、Android4.1から採用されているシステムフォントのモトヤマルベリで表示される。推奨フォントをダウンロードすると、このフォントは選択できなくなる。

tnfig47.jpg フォントサイズ・行間・文字間・余白がデフォルト設定(すべて中)の標準フォント
tnfig49.jpg フォントサイズ・行間・文字間・余白を最大にした標準フォント
tnfig50.jpg フォントサイズ・行間・文字間・余白を最小にした標準フォント

tnfig51.jpg フォント設定をすべて[中]にしたまま横向きにした標準フォント
tnfig52.jpg フォント設定をすべて[最大]にしたまま横向きにした標準フォント
tnfig53.jpg フォント設定をすべて[最小]にしたまま横向きにした標準フォント

凸版明朝での表示サンプル

tnfig04.jpg フォントサイズ・行間・文字間・余白がデフォルト設定(すべて中)の凸版明朝
tnfig06.jpg フォントサイズ・行間・文字間・余白を最大にした凸版明朝
tnfig07.jpg フォントサイズ・行間・文字間・余白を最小にした凸版明朝

tnfig08.jpg フォント設定をすべて[中]にしたまま横向きにした凸版明朝
tnfig09.jpg フォント設定をすべて[最大]にしたまま横向きにした凸版明朝
tnfig10.jpg フォント設定をすべて[最小]にしたまま横向きにした凸版明朝

凸版ゴシックでの表示サンプル

tnfig54.jpg フォントサイズ・行間・文字間・余白がデフォルト設定(すべて中)の凸版ゴシック
tnfig55.jpg フォントサイズ・行間・文字間・余白を最大にした凸版ゴシック
tnfig56.jpg フォントサイズ・行間・文字間・余白を最小にした凸版ゴシック

tnfig57.jpg フォント設定をすべて[中]にしたまま横向きにした凸版ゴシック
tnfig58.jpg フォント設定をすべて[最大]にしたまま横向きにした凸版ゴシック
tnfig59.jpg フォント設定をすべて[最小]にしたまま横向きにした凸版ゴシック

紀伊國屋書店 Kinoppy for Android

紀伊國屋書店 Kinoppy for Android 紀伊國屋書店 Kinoppy for Android

電子書店「紀伊國屋書店BookWebPlus」のAndroidアプリ「紀伊國屋書店 Kinoppy for Android」。本稿執筆時点のバージョンは11月14日更新の1.3.15311で、Android4.1での画面キャプチャ。Android4.2にアップデートをすると、カギ括弧が表示されなくなるなどの不具合が報告されている。伊國屋書店BookWebPlusの詳細なレビューは『電子書店完全ガイド――紀伊國屋書店BookWebPlus』だ

 Kinoppy for Androidでは、フォントサイズの調整と、縦書き/横書きが変更できる。ピンチイン・ピンチアウトで縮小・拡大、その後右上のAアイコンをタップすると、リフローする。フォントの種類は標準フォントがIPAexゴシックで、IPAex明朝と游明朝Pr6N Mをダウンロードして切り替えられる。行間、文字間、余白などの調整や、配色の変更は行えない。

tnfig60.jpg 初めて書籍を開くと、フォントダウンロードのダイアログが開く
tnfig61.jpg 設定メニューから3種類のフォントが選択できる
tnfig12.jpg 文字サイズ変更画面

IPAexゴシックでの表示サンプル

tnfig62.jpg 初期状態(文字サイズ100%)のIPAexゴシック
tnfig63.jpg 文字サイズ最大(200%)にしてリフローしたIPAexゴシック
tnfig64.jpg 文字サイズ最小(200%)にしてリフローしたIPAexゴシック

tnfig65.jpg 文字サイズ100%のまま横向きにしたIPAexゴシック
tnfig66.jpg 文字サイズ最大(200%)で横向きにしたIPAexゴシック
tnfig67.jpg 文字サイズ最小(50%)で横向きにしたIPAexゴシック

標準フォント(游明朝Pr6N M)での表示サンプル

tnfig11.jpg 初期状態(文字サイズ100%)の標準フォント
文字サイズ最大(200%)にしてリフローした標準フォント
tnfig14.jpg 文字サイズ最小(200%)にしてリフローした標準フォント
tnfig15.jpg 文字サイズ100%のまま横向きにした標準フォント
tnfig16.jpg 文字サイズ最大(200%)で横向きにした標準フォント
tnfig17.jpg 文字サイズ最小(50%)で横向きにした標準フォント

IPAex明朝での表示サンプル

tnfig68.jpg 初期状態(文字サイズ100%)のIPAex明朝
文字サイズ最大(200%)にしてリフローしたIPAex明朝
tnfig70.jpg 文字サイズ最小(200%)にしてリフローしたIPAex明朝

tnfig71.jpg 文字サイズ100%のまま横向きにしたIPAex明朝
tnfig72.jpg 文字サイズ最大(200%)で横向きにしたIPAex明朝
tnfig73.jpg 文字サイズ最小(50%)で横向きにしたIPAex明朝

電子書籍 GALAPAGOS

電子書籍 GALAPAGOS 電子書籍 GALAPAGOS

シャープの電子書店「GALAPAGOS STORE」のAndroidアプリ「電子書籍 GALAPAGOS」。本稿執筆時点のバージョンは11月20日更新の2.3.9。電子書店の詳細なレビューはこちら

 電子書籍 GALAPAGOSでは、フォントサイズの調整と、文字色と背景色の変更、ルビ表示のオン/オフ、段組表示のオン/、縦書き/横書きの変更ができる。ピンチイン・ピンチアウトで縮小・拡大し、指を離すと自動的にリフローする。フォントの種類は端末のフォント設定(システムフォントはモトヤマルベリ)に従う形になっており、変更はできない。また、行間、文字間、余白などの調整もできない。なお、ビューワはキャプチャが撮れないように機能制限されているため、ここでは画面を撮影したものを用意した。


tnfig77.jpg [ツール][各種設定]の[書籍表示・動作]部分
tnfig78.jpg 段組表示をONにした状態
tnfig81.jpg [書籍表示色]をパターン8にした状態

tnfig74.jpg 初期状態(30)の文字サイズ
tnfig75.jpg 文字サイズ最大(88)
tnfig76.jpg 文字サイズ最小(18)

tnfig92.jpg 初期状態(30)の文字サイズで横向き
tnfig93.jpg 文字サイズ最大(88)で横向き
tnfig94.jpg 文字サイズ最小(18)で横向き
       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia Book Club会員登録がまだの方はこちら

電子書籍/紙を問わず、読書を愛する皆さまに向け、特別な情報提供、書籍の献本、著者や業界関係者との懇親会、執筆活動を検討されている方へのサポートなどを順次提供し、皆さまの読書を強力にバックアップします。

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる