特集
» 2012年11月20日 08時30分 UPDATE

電子書籍端末ショーケース:iPad mini――Apple

往年の名機から最新のタブレットまで――古今東西の電子書籍端末をショーケース風に紹介する「電子書籍端末ショーケース」。ここでは、7.9インチ画面を採用したApple iPadの小型モデル「iPad mini」を取り上げる。

[山口真弘,ITmedia]

製品概要

 7.9インチ画面を採用したiPadの小型モデル。一般的な7インチタブレットよりもひとまわり大きな画面を持ちながら、本体の厚みは7.2ミリ、重量は308グラム(Wi-Fi+Cellularモデルは312グラム)と、薄型軽量であることが大きな特徴。

 基本的な仕様はiPadに準じているが、画面解像度は768×1024ドットと、いわゆるRetinaディスプレイではない。アプリ類はiPad向けのものがそのまま利用でき、読書関連では、iBooks Storeやその他電子書籍ストアからコンテンツを購入して読書が楽しめる。

 ラインアップはWi-FiモデルとWi-Fi+Cellularモデルが用意され、容量は16/32/64Gバイトの3種類が用意される。後者については国内ではソフトバンクモバイルのほか、KDDIからも発売される。本体色は「ブラック&スレート」と「ホワイト&シルバー」の2色展開。

スペックで見る「iPad mini」

メーカー Apple
国内発売時期 2012年11月
発売時価格 2万8800円(Wi-Fi 16Gバイトモデル)、3万6800円(Wi-Fi 32Gバイトモデル)、4万4800円(Wi-Fi 64Gバイトモデル)/3万9800円(Wi-Fi+Cellular 16GBモデル)、4万7800円(Wi-Fi+Cellular 32Gバイトモデル)、5万5800円(Wi-Fi+Cellular 64Gバイトモデル)
専用/汎用 汎用
OS iOS
OSバージョン 6.1.3
サイズ(※最厚部) 134.7(幅)×200(奥行き)×7.2(高さ)ミリ
重量 約308グラム(Wi-Fiモデル)、約312グラム(Wi-Fi + Cellularモデル)
解像度 768×1024ドット
ディスプレイ 液晶
カラー/白黒 カラー
画面サイズ 7.9インチ
通信方式 802.11 a/b/g/n
Bluetooth 4.0
内蔵ストレージ 16Gバイト、32Gバイト、64Gバイト
メモリカードスロット なし
バッテリー持続時間(メーカー公称値) 10時間(無線LANオン)
タッチ操作 対応
対応フォーマット アプリに依存
コネクタ Lightning
電子書籍ストア iBookstoreほか
そのほか -
最終更新日:2013年5月14日

写真で見る「iPad mini」

右60度傾斜外観 本体色は写真の「ホワイト&シルバー」のほか「ブラック&スレート」が用意される。後者は従来のブラックモデルと異なり背面も黒いことが特徴
本体を持った写真 Wi-Fiモデルで約308グラムと、300グラム台後半が多い7インチAndroidタブレットに比べると圧倒的に軽い
CDとの比較 液晶は7.9インチ。左右のベゼルが狭いため、画面サイズの割には本体の幅は狭い。ワイドではなくスクエア比率

単体正面 正面。従来のiPadをそのまま小型化したかのようなデザイン。上部にインカメラを備える
左側面 左側面。特にボタン類はない。オプションのSmart Coverはこちら側にマグネットで装着する
右側面 右側面。スライドスイッチおよび音量大・小ボタンを備える。スライドスイッチは画面回転のオンオフもしくは音量のミュートに割り当てが可能

上面 上面。電源ボタンおよびイヤフォンジャックを搭載
底面 底面。Lightningコネクタおよびスピーカーを備える
裏面 裏面。カメラを上部に搭載する。エッジの処理などはiPad 2に近い印象

メイン画面 アプリアイコンが並んだホーム画面。左右にフリックして画面を切り替えることができる
コンテンツ表示画面 本棚を模したiBooksの起動画面。メニューは日本語表示に対応している
tnfigmini023.jpg 『The Tale of Peter Rabbit』を表示したところ。本を模したデザインが特徴で、ページめくり時のエフェクトも備える

メイン画面 iBookstore
コンテンツ表示画面 PDFコンテンツも本棚に並べることができるが、右綴じ表示には非対応。またサムネイルの左端にはバインダーの金具を模した黒い櫛状のパーツが表示される

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia Book Club会員登録がまだの方はこちら

電子書籍/紙を問わず、読書を愛する皆さまに向け、特別な情報提供、書籍の献本、著者や業界関係者との懇親会、執筆活動を検討されている方へのサポートなどを順次提供し、皆さまの読書を強力にバックアップします。

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる