ニュース
» 2012年09月26日 16時22分 UPDATE

秋のタブレット合戦:Barnes & Noble、タブレット製品「Nook HD」「Nook HD+」を発表

米書店大手のBarnes & Nobleがタブレット2機種を発表。9インチの「Nook HD+」と7インチの「Nook HD」でAmazonやGoogleとの勝負に挑む。

[西尾泰三,ITmedia]
tnfignt1.jpg

 米書店大手のBarnes & Nobleは9月26日(現地時間)、同社のタブレット端末の新モデルを発表。9インチの「Nook HD+」、7インチの「Nook HD」が新たに登場した。Nook HD+が269ドル(約2.1万円)から、Nook HDが199ドル(約1.5万円)からで、10月下旬の出荷が予想される。

 新たに登場した2製品には、明らかな競合製品が存在する。9月上旬にはAmazon.comが8.9インチの「Kindle Fire HD 8.9"」と7インチの「Kindle Fire HD」を発表、さらに9月25日からはGoogleが7インチタブレットの「Nexus 7」を国内でも販売開始し、それとともに電子書籍サービスも開始したばかり。Nook HD+やNook HDは急速に盛り上がる7〜9インチのタブレットデバイス市場でこれらのプレイヤーと競争することになる。

 Amazonと製品ラインアップ、ラインアップされたタブレットのスペックには類似点が多いが、Kindle Fire HD 8.9"は4G LTEをサポートするのに対し、Nook HD+やNook HDはこれをサポートしていない点のほか、Nook HD+はKindle Fire HD 8.9"を上回る1920×1280ピクセル、256PPIのディスプレイを搭載している点、microSDカードスロットが用意されている点などの違いもある。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる