ニュース
» 2012年05月18日 19時38分 UPDATE

紀伊國屋書店、電子書籍のフォントに「游明朝体Pr6N M」を採用

紀伊國屋書店は、読書体験に大きな影響を与える書体について、長文を読むのに適した「游明朝体 Pr6N M」を採用。Kinoppyアプリをアップデートすると同フォントが利用可能になる。

[西尾泰三,ITmedia]
tnfigkino1.jpg 游明朝体 Pr6N M(字游工房のWebサイトより)

 紀伊國屋書店は、自社の電子書籍サービスに新たなフォント「游明朝体 Pr6N M」を採用。5月18日にiOSとAndroid向けにリリースしているアプリ「Kinoppy」をアップデートして同フォントを搭載した。

 游明朝体 Pr6N Mは、「ヒラギノ」の開発などで知られる字游工房が、既存の游明朝体Std MをJISX0213:2004に対応させ約2万3000字まで字種を拡張したもので、曲線を多用したやわらかいエレメントが特徴。

 電子書籍サービスで「文字」も重要な要素と位置づける紀伊國屋書店。「長文が読みやすい普通の明朝体」をコンセプトに持ち、長文を読むのに理想とされる「水のような、空気のような」書体にこだわった游明朝体を採用し、電子書籍の読書体験で他社との差別化を図る考えだ。

Copyright© 2018 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる