ニュース
» 2012年04月02日 10時00分 UPDATE

うわさ:Amazon、3種類のタブレットを投入か

Amazonは2種類の7インチタブレット、そして8.9インチサイズのタブレットを市場に投入することを計画しているようだ。

[Sovan Mandal,Good e-Reader Blog]
Good E-Reader

 AmazonはKindle Fireで金鉱を掘り当てた。このデバイスはApple iPadから安全な距離を取りつつ、iPadに匹敵する唯一のAndroidタブレットとなっている。Amazonはタブレット領域では後発だったが大成功し、Samsung、Acerといった多くの競合他社に水をあけている。しかし、Kindle Fireがすでにアップグレードされる予定で次世代版が開発中とリポートされている一方、Amazonが将来のタブレット領域に3方面から殴りこむ準備をしているのは明白なようだ。

tnfig250.jpg

 台湾のニュースチャンネル、CENSによると、Amazonは2種類の7インチタブレットだけでなく、より大きな8.9インチサイズのタブレットデバイスもローンチしようとしている。これが本当なら、現在のKindle Fireに類似したローコストモデルと、特別な機能を備えた追加2モデルを目にすることになりそうだ。

 詳細は明らかではないが、部品サプライヤーの情報によるとベースの7インチバージョンが1024×600ピクセル、もう一方はやや高解像度の1280×800ピクセルとなるだろう。フラッグシップモデルとなる8.9インチタブレットモデルはさらに高解像度の1920×1200ピクセルディスプレイを搭載すると予想されている。ベースの7インチ版はローエンドモデル、後者2モデルはより優れた機能を持ち、その分高価格となるだろう。

 AmazonはKindle Fireを原価以下で販売しているので、タブレットの複数モデル提供は同社にとっても意味がある。高機能、高価格のタブレットを用意することで損失を埋め合わせることができるからだ。それにより、AmazonはKindle FireのようにタブレットをAmazonストアに無理やり押しこむ必要がなくなる。

 いずれにせよ、これらは推測であり、Amazonからの声明はない。

techcrunchより

Copyright© 2015 Good E-Reader. All rights reserved.

(翻訳責任について)
この記事はGood E-Readerとの合意の下でアイティメディアが翻訳したものです。翻訳責任はアイティメディアにあります。記事内容に関するお問い合わせは、アイティメディアまでお願いいたします。

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる