特集
» 2012年03月17日 12時30分 UPDATE

電子書籍端末ショーケース:iPad(第3世代)――Apple

往年の名機から最新のタブレットまで――古今東西の電子書籍端末をショーケース風に紹介する「電子書籍端末ショーケース」。今回は、「新しいiPad」と呼称されるAppleの「iPad」(第3世代)を取り上げる。

[山口真弘,ITmedia]

製品概要

 Appleのタブレットデバイス「iPad」の第3世代製品。それまでの「iPad 2」のように型番の後ろに番号はつかず、「新しいiPad」(海外ではThe new iPad)と呼称される。

 クアッドコアのA5Xプロセッサを搭載し、解像度は従来の倍となる2048×1536ドット。またカメラも従来の92万画素から500万画素へと大幅に進化し、1080pでの動画撮影に対応するなど、従来のiPad 2に比べて大幅なスペックの向上が見られる。反面、重量と厚みは若干増しており、可搬性についてはiPad 2よりも低下している。

 国内販売元はソフトバンクモバイルで、ホワイトモデルとブラックモデルが用意される。読書端末としては、従来モデルと同様にiBookstoreなどのアプリが利用できるが、高解像度の恩恵を被るためにはアプリ側のバージョンアップが必要となるほか、画像データも高解像度版を用意する必要がある。

スペックで見る「iPad(第3世代)」

メーカー Apple
国内発売時期 2012年3月
発売時価格 4万2800円(Wi-Fiモデル、16Gバイト)、5万3800円(Wi-Fi + 4Gモデル、16GB)
専用/汎用 汎用
OS iOS
OSバージョン 6.1.3
サイズ(※最厚部) 185.7(幅)×241.2(奥行き)×9.4(高さ)ミリ
重量 約652グラム(Wi-Fiモデル)、約662グラム(Wi-Fi + 4Gモデル)
解像度 2048×1536ドット
ディスプレイ 液晶(IPS)
カラー/白黒 カラー
画面サイズ 9.7インチ
通信方式 802.11a/b/g/n、4G LTE(Wi-Fi + 4Gモデルのみ)
Bluetooth Ver4.0
内蔵ストレージ 16Gバイト/32Gバイト/64Gバイト
メモリカードスロット なし
バッテリ持続時間(メーカー公称値) 約10.0時間(連続動画再生時)
タッチ操作 対応
対応フォーマット アプリに依存
コネクタ 専用(30ピンDockコネクタ)
電子書籍ストア iBookstoreなど
その他 -
最終更新日:2013年5月14日

写真で見る「iPad(第3世代)」

右60度傾斜外観本体を持った写真CDとの比較 ルックスは従来のiPad 2に酷似。廃止の噂があったホームボタンも健在(写真=左)/重量はWi-Fiモデルで652グラムと、iPad 2の約601グラムに比べると50グラムほど重くなった(画面=中央)/画面サイズは初代モデルと同じく9.7インチで、ワイドではなくスクエア比率(画面=右)
単体正面左側面右側面 正面はホームボタンのみのシンプルなデザイン。上部にインカメラを備える(画面=左)/左側面。特にボタンはない。オプションのSmart Coverはこちら側にマグネットで装着する(画面=中央)/右側面。スライドスイッチおよび音量大・小ボタンを備える。スライドスイッチは画面回転のオンオフもしくは音量のミュートに割り当てが可能(画面=右)
上面底面裏面 上面。電源ボタンおよびイヤフォンジャックを搭載(画面=左)/底面。独自形状のコネクタおよびスピーカーを備える(画面=中央)/裏面。高画素化を果たしたカメラを上部に搭載する(画面=右)
メイン画面コンテンツ表示画面tnfigxxx23.jpg アプリアイコンが並んだホーム画面。左右にフリックして画面を切り替えることができる(画面=左)/本棚を模したiBooksの起動画面。メニューは日本語表示に対応している(画面=中央)/「The Tale of Peter Rabbit」を表示したところ。本を模したデザインが特徴で、ページめくり時のエフェクトも備える(画面=右)
tnfigxxx24.jpgtnfigxxx25.jpg iBookstore(画面=左)/PDFコンテンツについても本棚に並べることができるが、右綴じ表示には非対応。またサムネイルの左端にはバインダーの金具を模した黒い櫛状のパーツが表示される(画面=右)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia Book Club会員登録がまだの方はこちら

電子書籍/紙を問わず、読書を愛する皆さまに向け、特別な情報提供、書籍の献本、著者や業界関係者との懇親会、執筆活動を検討されている方へのサポートなどを順次提供し、皆さまの読書を強力にバックアップします。

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる