レビュー
» 2011年11月19日 21時18分 UPDATE

動画で解説:Barnes & Nobleの「Nook Tablet」レビュー

おなじみGood e-Readerの動画レビュー。今回はBarnes & Nobleの最新タブレット「Nook Tablet」を取り上げます。

[Peter Carotenuto,Good e-Reader Blog]
Good E-Reader
tnfigbn1.jpg

 Good e-Readerの動画レビューコーナーへようこそ。本稿では、Barnes & Nobleがリリースした最新デバイス「Nook Tablet」を取り上げます。Nook Color 2といってもよいこのデバイスについて、ハードウェア、ソフトウェアの両面から紹介していきます。

 Nook Tabletは、1024×600ドットの静電容量方式タッチパネルを搭載する7型液晶ディスプレイを備えたタブレットで、CPUはデュアルコアのTI OMAP4(1GHz)、RAMは1Gバイト、内蔵メモリはNook Colorの2倍となる16Gバイト、microSDを使えば32Gバイトまで拡張可能です。

 同社のタブレット製品としてはNook Colorに次ぐモデルとなるNook Tabletは、ソフトウェア面を含め全体的にリファインされています。以下の動画では、Nook Tabletの全体像を紹介するとともに、ストアがどのように設計されているか、また、がNetflixやHulu+など、プリインストールされている動画配信サービスアプリなども少し紹介していきます。そのほか、児童向けの書籍を読み聞かせる際に有効な「音声データ録音再生機能」も注目すべき新機能の1つとしてご覧ください。


Copyright© 2015 Good E-Reader. All rights reserved.

(翻訳責任について)
この記事はGood E-Readerとの合意の下でアイティメディアが翻訳したものです。翻訳責任はアイティメディアにあります。記事内容に関するお問い合わせは、アイティメディアまでお願いいたします。

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる