ニュース
» 2011年10月22日 19時45分 UPDATE

Motorola XOOM、初のAndroid Ice Cream Sandwich搭載タブレットとなるか

Android Honeycombを搭載した最初のデバイスはMotorolaの「XOOM」だった。では、Android 4.0(Ice Cream Sandwich)を最初に搭載するのはXOOM 2になるのだろうか。

[Sovan Mandal,Good e-Reader Blog]
Good E-Reader
tnfig136.jpg

 MotorolaのXOOMタブレットはAndroid Honeycombを搭載した初のデバイスだった。GoogleがAndroidの最新版となるAndroid 4.0(Ice Cream Sandwich)を発表したことで、XOOMがIce Cream Sandwichを搭載する初のタブレットとしての栄誉に預かるかもしれないと再度主張するうわさがある。GoogleがMotorola Mobilityを買収したことを考慮すれば、GoogleがMotorolaに有利な計らいをしたとしても何ら不思議ではないからだ。

 もちろん、自社のタブレットPCをAndroid Ice Cream Sandwichにアップグレードしようとしているタブレットメーカーは多く存在する。その中でも重要なのはSamusung Galaxy Tab 10.1、ASUS Transformer、あるいはソニーのTablet Sが含まれ、それらのメーカーはこのことを特に注視しており、いまだに大きな論争の的になっている。

 Motorolaは10月18日にイベントを予定しており、Motorola Droid RAZRの発売とは別に、XOOM 2の発売がもう1つのサプライズとなるかもしれない。サプライズを祈ろう。

編注:同イベントでは「Motorola Droid RAZR」が発表されたが、残念ながらXOOM 2は発表されなかった。


Copyright© 2015 Good E-Reader. All rights reserved.

(翻訳責任について)
この記事はGood E-Readerとの合意の下でアイティメディアが翻訳したものです。翻訳責任はアイティメディアにあります。記事内容に関するお問い合わせは、アイティメディアまでお願いいたします。

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる