ニュース
» 2011年07月22日 14時59分 UPDATE

東芝、Android 3.1搭載タブレット「AT300/24C」の販売を開始

東芝は、10.1型ワイド液晶を内蔵したAndroidタブレット「AT300/24C」の販売を開始した。

[ITmedia]
photo AT300/24C

 東芝は7月22日、10.1型ワイド液晶を内蔵したAndroidタブレット「REGZA Tablet AT300/24C」の販売を開始した。

 同社製のAndroidタブレット「AT300/23C」をベースとして搭載OSをAndroid 3.1に変更したモデルで、プロセッサはNVIDIA Tegra 2(1GHz)を搭載、ディスプレイは1280×800ドット表示をサポートする。本体サイズは、約177(幅)×273(奥行)×15.8(高さ)ミリ、重量は約756グラム。


 また東芝は本日、レグザタブレット活用応援サイト「東芝プレイス(Android版)」を開設した。レグザタブレットで見やすいページレイアウトを採用、アプリやゲーム、周辺機器の紹介などのほか、最新音楽などを楽しめる「ミュージックプレイス」などのAndroid版独自のコンテンツも用意した。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる