ニュース
» 2011年06月18日 17時08分 UPDATE

DRMフリーで提供:出版社連合による書籍モール「ブックパブ」がオープン

音羽会と呼ばれることもある出版社が協力して、書籍モール「ブックパブ」を立ち上げる。DRMフリーやオンデマンドサービスなど、意欲的な取り組みが目立つ。

[西尾泰三,ITmedia]
ブックパブ ブックパブ

 出版社連合による書籍モール「ブックパブ」が6月20日にオープンする。

 同モールは、ソフトバンククリエイティブ、主婦と生活社、商業界、C&R研究所、西東社、万来舎、分散型発電情報センター、三和書籍の8社を幹事会社とするブックバブ出版社連合が立ち上げるもので、専門書/実用書を提供する電子書店としてブックパブを共同で運営していく。運営主体は三和書籍とモバキッズ。

 コンテンツはダウンロード形式で提供され、ファイルフォーマットはPDF。DRMフリーで提供されるという。このほか、EPUBも近日中にサポート予定。決済はPayPalまたはクレジットカードが利用可能。

 特徴的なサービスとして、紙媒体を必要とする人のために、書籍のオンデマンドサービスも用意。インフォプリンとソリューションズ・ジャパンとの協同で行うサービスで、四六判1ページあたり2.28円、表紙190円で製本・配達してくれる。

 現在同サイトで販売中の電子書籍は44点(陳列書籍数は54点)。正式オープンまでに書籍点数を“劇的に”増やす計画としているので、期待して待ちたい。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia Book Club会員登録がまだの方はこちら

電子書籍/紙を問わず、読書を愛する皆さまに向け、特別な情報提供、書籍の献本、著者や業界関係者との懇親会、執筆活動を検討されている方へのサポートなどを順次提供し、皆さまの読書を強力にバックアップします。

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる