ニュース
» 2011年06月16日 15時53分 UPDATE

米OverDriveが方針転換、図書館向け電子書籍配信で“DRMフリー”推進へ

これまでどちらかといえばDRM肯定派として有名だった米電子書籍制作大手のOverDriveが、図書館向け電子書籍配信で“DRMフリー”を推進する。

[hon.jp]
hon.jp

 米電子書籍制作大手のOverDriveは6月15日(現地時間)、同社が図書館業務向けに提供している電子書籍配信プラットフォームで、今後は“DRMフリー”な電子書籍を推進していくことを発表した。

 この発表によると、米国の図書館利用者の間では電子書籍への需要が急増中で、同社プラットフォームもそれらに対応するため、大幅な刷新/改良を検討しているという。中期目標として、複数フォーマットによる混乱の解消、Kindleとの連携などが予定されており、さらに“DRMフリー”の電子書籍を推進していくことに決めたという。

 OverDriveは図書館業界向けの電子書籍プラットフォーム大手で、どちらかといえばDRM肯定派として有名だったが、今後はそれが一転し、DRMフリーでのサービス提供へ移行していくようだ。

関連キーワード

電子書籍 | 図書館 | DRMフリー | 電子図書館


Copyright 2015 hon.jp, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia Book Club会員登録がまだの方はこちら

電子書籍/紙を問わず、読書を愛する皆さまに向け、特別な情報提供、書籍の献本、著者や業界関係者との懇親会、執筆活動を検討されている方へのサポートなどを順次提供し、皆さまの読書を強力にバックアップします。

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる