ニュース
» 2011年04月22日 13時00分 UPDATE

シャープ、XMDF制作ソフトウェアを無償化へ――7月から配布

シャープは4月22日、同社が開発している「XMDF制作ソフトウェア」の次世代XMDF対応版を、今年7月に正式リリースすると発表した。同時に、これまで有償で販売していた同ソフトウェアを無償化する。

[風穴 江,ITmedia]

 シャープは4月22日、同社が開発/販売している「XMDF制作ソフトウェア」の次世代XMDF対応版を、今年7月に正式リリースすると発表した。同時に、これまで有償で販売していた同ソフトウェアは無償化される。

 7月に無償でリリースされる次世代XMDF制作ソフトウェアは、以下の通り。

ソフトウェア名 特徴
XMDFビルダー 文字ベースのXMDF 2.0形式や、XMDF 3.0で可能になったマルチレイアウト型のコンテンツを制作できる。
テキストファイルやHTMLファイルに加え、InDesign IDMLファイルのインポートにも対応(XMDFで記述可能なタグのみインポート可能)。
Adobe Japan 1-6までの外字自動作成機能、画面サイズに合わせたレイアウト作成機能も備える。
Hybridコンバーター PDFとテキストデータから、イメージ型、ハイブリッド型のコンテンツを制作する
確認用PCビューア 制作したXMDFコンテンツをPC上で確認するためのビューア。
査読メモ付加機能、複数画面サイズ切り替え機能などを備える
無償リリースされる次世代XMDF制作ソフトウェア
tnfigxmdf2.jpgtnfigxmdf3.jpg 次世代XMDFで想定されている3形式(写真=左)/今回無償提供が発表されたツール群の全体像。マルチレイアウト型(XMDF3.0)のコンテンツ制作も可能に

 対応プラットフォームはいずれもWindows(XP、Vista、7)で、Windows 7のみ64ビット版も動作環境としてサポートされる。

 次世代XMDF制作ソフトウェアの正式リリース、無償化に合わせ、同社は、XMDFに関する情報提供サイトを刷新する。従来は会員制だったサイトをオープン化し、XMDF記述フォーマット仕様を始め、XMDFコンテンツ制作者に向けたさまざまな情報を提供していくとし、無償公開される上記3つのソフトウェアも、このサイトを通じて入手できるようになるという(ダウンロードにはユーザー情報の登録が必要)。同サイトのオープンは7月以降の予定。

tnfigxmdf4.jpg 無償配布が決まったツールの1つ。XMDFビルダー。

 次世代XMDFのコンテンツは、すでにサービスが開始されている「TSUTAYA GALAPAGOS」で販売されているものがあるが、これらは、暫定版として一部の出版社に限定提供されているバージョンで制作されている。

 今回、次世代XMDF制作ソフトウェアが正式版として広くリリースされることで、マルチレイアウト型のXMDFコンテンツ(テキストのリフロー、段組表示などに対応)の制作の裾野が広がることが期待される。

 なお、メディアタブレット「GALAPAGOS」用ソフトウェアとして一般ユーザー向けに配布されている「GALAPAGOS Station」には、XMDF制作ツールとして「XMDF Clipper」が含まれているが、これについては、今後行われるアップデート(4月中を予定)によって次世代XMDF(XMDF 3.0)に対応する予定となっている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる