ニュース
» 2011年01月26日 13時00分 UPDATE

iTunes課金を回避する電子書籍アプリも「6月30日」まで? 米Appleがアプリ開発者に警告メール

Appleが7月にもiTunes課金を回避する電子書籍アプリを全面禁止する可能性が高いと一部メディアが伝えている。これが適用されると、Kindleアプリや、一部国産の電子書籍アプリも強制的に公開中止となる可能性が高く、関係者の間で動揺がひろがっている。

[hon.jp]
hon.jp

自社の課金システムの利用はNGとなるか?

 元Apple社役員のジャンルイ・ガセー氏などが寄稿する米国のIT系ニュースブログ「Monday Note」によると、Appleが2011年7月にもiTunes課金を迂回(うかい)する電子書籍・新聞・雑誌アプリを全面禁止する可能性が高いとのこと。

 記事によると、Appleは今月に入り、iTunes課金手数料を迂回する“自社Webサイト課金型”の電子新聞アプリを登録申請しようした開発者にiTunes課金へ移行するよう警告メールを送付開始。そのメールには「iTunes課金以外の課金システムを使うと開発者規約11.2の違反となる」「過去すでに公開されてしまっているアプリについては、iTunes課金に変更するよう6月30日まで猶予期間を与える」など、2011年7月からは全面禁止にする旨が明記されているという。

 もしこの文面通りのルールが運用強化された場合、Amazon.comがiPhone/iPad向けに提供しているKindleアプリや、一部国産の電子書籍アプリも強制的に公開中止となる可能性が高く、関係者の間で動揺がひろがっている。

Copyright 2015 hon.jp, Inc. All Rights Reserved.

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる