ニュース
» 2015年09月22日 06時30分 UPDATE

近すぎて打ち明けられない……「幼なじみBL」漫画10選 (1/2)

[ぶくまる]
ぶくまる
「幼なじみBL」10選

 BL(ボーイズラブ)の中でも、ザ・王道と言えるテーマが「幼なじみ」。家族同然に過ごしてきたがゆえに壊したくない関係、無自覚な距離の近さ、そして打ち明けられない思い……。

 「近すぎて伝わらない」そんな切ない思いにもん絶必至の、幼なじみBL漫画を10作品ご紹介します。

『花のみやこで』涙なしには読めない昭和レトロな恋!

花のみやこで

花のみやこで』 宝井理人/大洋図書

 辻村は幼いころに出会った蓮見に長らく片思い。思い切って告白したものの玉砕という結果に……。友人として接することもままならず、すべてを忘れようと芸妓遊びに明け暮れる辻村。ところが、蓮見の様子が何だかおかしくて……?

 本作は、宝井先生の代表作『花のみぞ知る』のスピンオフです。『花のみぞ知る』では恋を応援する脇役だったおじいちゃん教授・辻村が、なんと主人公に。幼なじみの蓮見に対する恋心で思い悩む純情な青年として登場します。『花のみぞ知る』からのファンは、「こんなにイケメンだったの?」と驚いた方も多いのでは? 蓮見にフラれて自暴自棄に女遊びする辻村と、それを友人として心配し、見守る蓮見。告白後に生まれる2人の微妙な距離感に、胸が苦しくなります。

 本作はドラマCDにもなっていて、野島裕史さんや日野聡さんなど豪華な顔ぶれが出演。そちらもぜひチェックしてみてくださいね。

【攻×受】辻村(一途すぎる美形御曹司)×蓮見(平凡苦労人)

『花のみやこで』を立ち読みする

『いとしの猫っ毛』猫系男子のほのぼのラブストーリー

いとしの猫っ毛

いとしの猫っ毛』 雲田はるこ/リブレ出版

 幼なじみのみいくんを追って上京して来た、猫っ毛のけいちゃん。2人は道産子の幼なじみ。6年間の遠距離恋愛を経て、みいくんが管理人を勤める「またたび荘」で一緒に暮らし始める。ようやくのLOVEライフ! のはずが、またたび荘の個性豊かな住民たちと織りなす珍生活に?

 涙もろいヘタレ攻めの真性ゲイみいくんと、元はノンケで受けの猫っ毛けいちゃん。なかなか最後までいかない(いけない?)2人ですが、巻が進むごとにエッチも深まります。みいくんを愛するあまり、けいちゃんもどんどん積極的に! コミカルに、しかし、ゆっくり確かに育んでいく2人の愛を、「またたび荘」の住民と一緒に時に優しく、時にやきもきしながら見守りましょう。主人公2人だけでなく、脇を固めるキャラたちも、皆とても魅力的です。

 2人の出会いは、『いとしの猫っ毛 小樽篇』でチェック。本編に時々顔を出すみいくんの過去が絡んでいて、出会い編を読むとより深いストーリーを味わうことができます。

【攻×受】花菱美三郎 (泣き虫ヘタレのえせポルノ小説家兼大家)×沢田恵一(以外と肉食?猫っ毛の会社員)※リバあり

『いとしの猫っ毛』を立ち読みする

『玉響』大正浪漫の切なく強い愛に萌える!

玉響

玉響』 ゆき林檎/大洋図書

 本作は大正時代を舞台にしたノスタルジックな作品。貿易商の息子で母親の分からないハーフの麻倉は、旧制高校に入学して寮に入る。同室になったのは、幼い頃麻倉が唯一心を許していた立花だった。しかし、2人はある出来事から疎遠になっていて……。

 ひょうひょうとした文学青年の立花、そしてハーフゆえに目立つ容姿でありながら、どこか心に影を持つ麻倉。そして旧制高校で再会した2人を再び引き裂く関東大震災、大正時代という今より自由のない時代に同性が愛し合う困難さ……。そんなBLの切なさがつまった作品です。

 立花の着物姿と麻倉の洋装のコントラストがとても美しいのも見どころ。2人が初めて結ばれる、濃厚で匂い立つようなシーンがお勧めです。

【攻×受】立花(いつも着物の作家志望)×麻倉道忠(ハーフの貿易商の息子)

『玉響』を立ち読みする

『その唇をひらけ』ただの幼なじみじゃいられない!

その唇をひらけ

その唇をひらけ』 三池 ろむこ/芳文社

 オレ様な幼なじみ慎司が好きなたまきと、そんな気持ちを知ってか知らでか、スキンシップしまくりの慎司。「自分だけが好き?」。構われるとうっとうしい、でもほっておかれると寂しい。高校生の甘酸っぱい恋が、文化祭を機に大きく動き出す。

 ちょっと不良っぽくてオレ様だけど、実はたまき好き好きの慎司のセリフがかなりかっこいい! 黒髪ツンデレのたまきのぐるぐる悩む姿はきっと誰でも共感してしまうはず。お互いに嫉妬して素直になれなかったり、不安になったり。高校生だからこその初々しさに思わずキュンキュンしてしまうはずです。普段は堅そうなたまきですが、エッチシーンのエロかわいさと言ったら! たまきの萌えなギャップに、慎司はもちろん、わたしたちもやられてしまいます。

 そのほか、家庭教師×高校生、ケモ耳! も楽しめる1冊です。

【攻×受】慎司(オレ様な高校生)×たまき(絵が上手でナイーブな幼なじみ)

『その唇をひらけ』を立ち読みする

『ヒマなのでハジメテみます。』ノンケ同士のHな同居生活!

ヒマなのでハジメテみます。

ヒマなのでハジメテみます。』 左京亜也/新書館

 おばかだけどビジュアルは完璧の中津川と、文句を言いながらもちゃっかり彼の面倒を見ている腐れ縁の天野。互いに口には出さないけれど、心地良い関係に依存していた。そんなある日、中津川が告白されている現場を天野が目撃してしまい……。

 美形で高身長で……とモテる要素満載のイケメンなのに、どこか残念な中津川。天野はそんな彼のそばに寄りそうことを許されたただ一人の存在。ワンコ気質にも関わらず意外と独占欲の強い中津川にギャップ萌えです。いつもは強気な天野が彼の勢いにグイグイ押されて、どんどんエロくなっていく姿もたまりません。なかなか素直にならない天野に、「中津川頑張れ!」と応援したくなります!

【攻×受】中津川(泣き虫おばか系ワンコ)×天野(強気なツンデレ)

『ヒマなのでハジメテみます。』を立ち読みする

       1|2 次のページへ

© 2015 BookLive Co., Ltd. ALL RIGHT RESERVED.

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる