ニュース
» 2015年09月15日 06時00分 UPDATE

江戸川乱歩の没後50年特別企画 Webサイト「江戸川乱歩を楽しむ5つのこと」が開設 

ブックリスタ、講談社、光文社、東京創元社、早川書房が共同で開設。

[eBook USER]

 ブックリスタ、講談社、光文社、東京創元社、早川書房は9月13日、江戸川乱歩の没後50年特別企画としてWebサイト「江戸川乱歩を楽しむ5つのこと」を開設した。

Photo 江戸川乱歩を楽しむ5つのこと

 同サイトでは「作品」「アニメ」「乱歩賞」など、江戸川乱歩を楽しむ5つのキーワードを設定(残り2つはまだ明かされていない)。「作品」カテゴリーでは、江戸川乱歩、本名・平井太郎がどのように「江戸川乱歩」となったのかを、息子の平井隆太郎が迫る『乱歩の軌跡』(平井隆太郎/東京創元社)などを紹介。江戸川乱歩の全小説と主要な評論・随想などを収めた「光文社文庫版」全30巻、探偵・明智小五郎の登場作品、明智小五郎とその助手・小林少年が活躍する『怪人二十面相』などの『少年探偵団シリーズ』も取り上げている。

 「アニメ」カテゴリーでは、7月に放送が始まった「乱歩奇譚 Game of Laplace」をピックアップ。『人間椅子』『影男』『怪人二十面 相』『パノラマ島』など江戸川乱歩の作品群を原案とし、世界観を現代風にアレンジした各話を原案も交えながら解説している。

 「乱歩賞」カテゴリーでは、ミステリー小説や探偵小説に贈られる「江戸川乱歩賞」の歴代受賞作品を厳選して紹介。2015年の第61回受賞作『道徳の時間』(呉勝浩/講談社)、第51回『天使のナイフ』(薬丸岳/講談社)、第28回『焦茶色のパステル』(岡嶋二人/講談社)、第26回『猿丸幻視行』(井沢元彦/講談社)などを掲載している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia Book Club会員登録がまだの方はこちら

電子書籍/紙を問わず、読書を愛する皆さまに向け、特別な情報提供、書籍の献本、著者や業界関係者との懇親会、執筆活動を検討されている方へのサポートなどを順次提供し、皆さまの読書を強力にバックアップします。

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる