ニュース
» 2015年09月14日 17時12分 UPDATE

電子書籍サービス「読書のお時間です」 マンガ投稿機能をリリース

リリースを記念し、お笑い芸人が描いたマンガを公開中。

[eBook USER]

 サイバーエージェントの連結子会社であるブックテーブルは9月14日、同社が運営する電子書籍サービス「読書のお時間です」で、自作のマンガを投稿/公開できる新機能「マンガにしてみた。」をリリースした。

読書のお時間です 読書のお時間です

 読書のお時間ですは、『進撃の巨人』(諫山創/講談社)、『君に届け』(椎名軽穂/集英社)、『名探偵コナン』(青山剛昌/小学館)など、マンガを中心とした電子書籍約8万冊が楽しめるサービス。会員数はリリースから2年で200万人を突破しているという。

 今回リリースした新機能は、Ameba会員であれば誰でもスマートフォン/PCから自作のマンガを投稿/公開できるというもの。作品はダウンロードすることなくワンクリックでスムーズに閲覧できるほか、お気に入り機能やコメント機能も用意。ユーザーが投稿した2000話超からお気に入りのマンガとの出会いをサポートする、おすすめマンガ一覧「スゴ話」も用意している。

 新機能リリースを記念し、お笑い芸人・天津向(てんしんむかい)さん、ネゴシックスさんの一コママンガや、アメリカザリガニ・平井さんらの作品を公開。また2周年&200万会員突破を記念し、人気作品100冊が無料で読める「ありがとうキャンぺーン」も実施する。

お笑い芸人のマンガを公開 お笑い芸人のマンガを公開

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia Book Club会員登録がまだの方はこちら

電子書籍/紙を問わず、読書を愛する皆さまに向け、特別な情報提供、書籍の献本、著者や業界関係者との懇親会、執筆活動を検討されている方へのサポートなどを順次提供し、皆さまの読書を強力にバックアップします。

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる