ニュース
» 2015年08月29日 06時00分 UPDATE

亜紀書房、小説もマンガも掲載するWebマガジン「あき地」をオープン

現在は森まゆみ『暗い時代の人々』、近藤聡乃『ニューヨークで考え中』、南伸坊『私のイラストレーション史』など7作品を掲載。

[eBook USER]

 亜紀書房は8月20日、小説・評論・マンガ・エッセイなどジャンルを問わずに作品を掲載するWebマガジン『あき地』をオープンした。

あき地 あき地

 コンセプトは、「子どものころに日が暮れるまで友だちと遊んだ『あき地』のように、出入り自由で、開かれた表現の場になること」。トップページのバナーは漫画家・高野文子さんの手作りアートで、あき地に遊びに来た子どもが花を摘んでいる風景となっている。

 現在は『間取りと妄想』(大竹昭子)、『暗い時代の人々』(森まゆみ)、『私のイラストレーション史』(南伸坊)、『メメントモリ・ジャーニー』(メレ山メレ子)、『ニューヨークで考え中』(近藤聡乃)『おじさん酒場』(著:山田真由美 絵:なかむらるみ)、『旅の食卓』(池内紀)といった7作品を掲載。掲載された作品は今後単行本として発売していくという。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia Book Club会員登録がまだの方はこちら

電子書籍/紙を問わず、読書を愛する皆さまに向け、特別な情報提供、書籍の献本、著者や業界関係者との懇親会、執筆活動を検討されている方へのサポートなどを順次提供し、皆さまの読書を強力にバックアップします。

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる