ニュース
» 2015年08月21日 17時00分 UPDATE

小学生時代に戻りたい ノスタルジックなイノセントワールド『無邪気の楽園』

eBook USERがお勧めのマンガ作品を毎週ピックアップしてお届け。今回はノスタルジックエロファンタジー『無邪気の楽園』。最新8巻は8月28日発売。

[西尾泰三,eBook USER]

 「夏の終わりだなぁ、とノスタルジックになりながら、思い出すのは夏休みの宿題を抱えたあのころ……」とシャッツキステの司書メイド、ミソノさんも言っているように、追体験ができない子どものころの思い出は幾つになっても、むしろ年齢を重ねていけば行くほど強くなる。

 水の入ったバケツをこぼさないようクルクル回したり、給食の献立に一喜一憂したり、プールの底に横たわってそこから水面を眺めてみたり――そんな小学校の原風景をモヤモヤ(?)とともに描くのが、今回紹介したい『無邪気の楽園』(雨蘭/白泉社)だ。

 2011年に白泉社『ヤングアニマル嵐』で連載を開始し、現在までに7巻まで刊行。白泉社が刊行するマンガ作品(電子版)の売り上げでランキングした「白泉社電子書籍大賞」で『ベルセルク』や『3月のライオン』と並んで優秀賞を受賞している。

無邪気の楽園 1巻無邪気の楽園 2巻無邪気の楽園 3巻 書影クリックでカラー版が試し読みできます

 本作の主人公は才能も金もない25歳のほぼニート、反田省太。母校で開かれた小学校の同窓会に参加した彼は、同級生たちが華々しい成功を収めているのを知って自分とのギャップに落ち込んでいた。

 「異空間と繋がっている」と学校の七不思議としてうわさされていたプールでたそがれていると、不意に足を滑らせて水中へ転落してしまう。しかし気がつくと、自分が小学校5年生にタイプスリップしてしまっていることを悟るのだった――。

tnfigmr001.jpg 記憶や経験はそのままに小学校5年生にタイムスリップした省太 (『無邪気の楽園』1巻より ©雨蘭/白泉社)
tnfigmr002.jpg
tnfigmr004.jpg
あるある(『無邪気の楽園』1巻より ©雨蘭/白泉社)

 “「見た目は子ども、頭脳は大人」なタイムスリップもの”と一言でまとめるのは簡単だが、つい読み進めてしまうこの作品。省太の思い人で、のちに日本一の人気女優に昇りつめる春風このみ、華道の家元の娘・池端早代、省太を子分扱いする転校生の神谷真夏、勝気な金子梨央などなど、雨蘭さんのツボを押さえた画力で描かれるイノセントなキャラクターが、省太(と読者)を楽園にいざなってくる。

大抵最後はこんな顔に 大抵最後はこんな顔に 『無邪気の楽園』1巻より©雨蘭/白泉社

 エロコメディーと評されることが多いが、子どものころの感じが絶妙にブレンドされたこの作品は、作者の言葉を借りれば「ノスタルジックエロファンタジー」。2巻あとがきにはこの作品が持つ魅力を作者自身がうまく言語化している部分があるので紹介したい。

好きとか恋だけでは解消されないモヤモヤが健全で善良で常識的な価値観を持った皆さんにもあった筈です。
そのときの解消されないモヤモヤは憧れや妄想と混じって変質し、発酵して激しく幻想化されて皆さんの脳内の妄想フォルダにZIP保存されていると思います。
それを具現化したものが「無邪気の楽園」です。
「こんなコドモいねーよ」「ちょっと都合よ過ぎない?」「非常識にも程がある」…
それでいいーんです!
実際にあった子供の頃の現実には辛い事もあったでしょう。ええ、私も多少の不遇な思いを抱えていますよ。でもね。だからこそ我々の脳内にある無邪気の楽園はキラキラしているんだと思うわけです。
そんな漫画を描いていきたいと私は思っています。

「無邪気の楽園」2巻後書きより一部を抜粋して引用(原文ママ)

 単にエロととらえるのは早計な「無邪気の楽園」。2015年5月にはAmazonで配信が停止されたことでも話題を集めた。eBook USERの検索キーワードでも5月末に大きな膨らみがみられる。

 作者自身、自らを評して「このご時世、非常に風当たりの強いジャンルの漫画家」としているのだが、表現がAmazonの自主的なガイドラインに抵触したのだろうといわれており、残念ながら現在でもAmazonでは同作を購入できない(掲載誌である『ヤングアニマル嵐』は購入可能。ほかの電子書店では無邪気の楽園は購入可能)。白泉社電子書籍大賞が今年も発表されるなら、無邪気の楽園がどう動くかも注目してみると面白いかもしれない。

 無邪気って怖い――作中、繰り返し用いられるこのフレーズは、幻想化された内容を味わった後に、現実に引き戻してくれる安全弁のようだ。ここは子どものころの原風景に賢者のような面持ちで浸ってみるのはどうだろう。なお、8月28日には西川貴史監督のOVA(アニメDVD)付き限定版も話題の最新8巻が発売予定となっている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia Book Club会員登録がまだの方はこちら

電子書籍/紙を問わず、読書を愛する皆さまに向け、特別な情報提供、書籍の献本、著者や業界関係者との懇親会、執筆活動を検討されている方へのサポートなどを順次提供し、皆さまの読書を強力にバックアップします。

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる