ニュース
» 2015年08月20日 19時30分 UPDATE

コミックシーモア1日宣伝部長のケンドーコバヤシ、吉木りさの秘密暴露? 

コミックシーモア「わたしのマンガ道(みち)」開始記念PRイベントで、ケンドーコバヤシさんが1日宣伝部長に。コミックシーモアの魅力を説く助っ人として登壇した吉木りささんもタジタジ?

[西尾泰三,eBook USER]
tnfigwm001.jpg

 「それなりの気合いを入れていかないとと思って、錦糸町の無料案内所の人から奪ってきた」と黄色のはっぴ姿で語るお笑い芸人のケンドーコバヤシさん。8月20日に都内で行われたコミックシーモア「わたしのマンガ道(みち)」開始記念PRイベントで、1日宣伝部長として腕を振るった。

 コミックシーモアが2014年にサービス開始10周年を迎えた際に、日本記念日協会に申請して生まれた「電子コミックの日」(8月16日)。わたしのまんが道はこれを記念した企画で、8月24日から週替わりでマンガ好きタレントが大好きなコミックを語るサイトを公開予定だという。

NTTソルマーレ取締役 コミック事業部長の荒谷篤志氏から1日宣伝部長に任命されたケンドーコバヤシさん NTTソルマーレ取締役 コミック事業部長の荒谷篤志氏から1日宣伝部長に任命されたケンドーコバヤシさん

 マンガ好きとして知られるケンドーコバヤシさんだが、「電子書籍は利用したことがない」と告白。コミックシーモアについても「一言で言えばシーがモアしてて……」などと話すケンドーコバヤシさんにコミックシーモアの魅力を説く助っ人として登場したのが、「オタク気質がある」とコバヤシさんが語るタレントの吉木りささんと、後輩に当たるお笑いコンビのデニス(植野行雄さん、松下宣夫さん)。ケンドーコバヤシさんを審査員に、「電子書籍」「お得さ」「品ぞろえ」をテーマにした3本勝負でプレゼン対決が繰り広げられた。

tnfigwm003.jpg 女性ユーザーが全体の7割を占めるというコミックシーモアの魅力をケンドーコバヤシさんにプレゼン

 プレゼンでは、持ち運びのしやすさや物理的なスペースをとらない省スペース性といった電子書籍の魅力、毎月800冊以上用意されるという無料作品や半額セールにより、普段買わないような作品にも気軽に出会えること、コミックの多くで試し読みができるので本選びに失敗しないことなどのお得な部分、品ぞろえでは昔の名作からはやりの人気作まで幅広く取りそろえていることなどが熱く語られた。ちなみに、どのプレゼンもケンドーコバヤシさんは吉木さんを勝者とした。

 こうしたコミックシーモアの特徴は、先日公開した「電子書店ガイド:『コミックシーモア』を徹底解剖する」でも詳しく紹介したので、そちらも参照してほしい。

吉木さんが女子大生のころに出演したテレビ番組でコバヤシさんがMCを務めていたこともあり、打ち解けた様子の二人。関係を聞かれ、「肉体関係?」「わたしの記憶では(それは)ないです」「酔ってたからね。『吉木、泥酔でケンコバに』」とニュースの見出しになりそうなやり取りで会場の笑いと吉木さんの苦笑を誘った 吉木さんが女子大生のころに出演したテレビ番組でコバヤシさんがMCを務めていたこともあり、打ち解けた様子の二人。関係を聞かれ、「肉体関係?」「わたしの記憶では(それは)ないです」「酔ってたからね。『吉木、泥酔でケンコバに』」とニュースの見出しになりそうなやり取りで会場の笑いと吉木さんの苦笑を誘った

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia Book Club会員登録がまだの方はこちら

電子書籍/紙を問わず、読書を愛する皆さまに向け、特別な情報提供、書籍の献本、著者や業界関係者との懇親会、執筆活動を検討されている方へのサポートなどを順次提供し、皆さまの読書を強力にバックアップします。

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる