ニュース
» 2015年07月31日 06時00分 UPDATE

YouTube発マンガ誌『MANGAPOLO ZERO』から5作品が単行本化

サイン色紙が当たるTwitterキャンペーンも開催中。

[eBook USER]
Photo となりのヴァンパイアさん

 電通は7月29日、YouTubeで配信しているWebコミック誌『MANGAPOLO ZERO(マンガポーロゼロ)』連載5作品の単行本化を発表した。7月29日に『となりのヴァンパイアさん』(高畠りょうこ)、『どぶろくちゃん』(ポテチ次郎)、『魔法の契約 いちご★ぷろみす』(サイトウミチ)を、9月9日に『会社の奴には絶対知られたくない』(若竹アビシ)、『俺の町』(新居達成)をそれぞれ発売する。日本文芸社と共同開催のオーディションで決定した連載第1弾作品の単行本化で、日本文芸社から刊行される。

 発売を記念し、抽選で各作品10人、計50人に作家直筆サイン色紙と単行本をセットでプレゼントするTwitterキャンペーンを開催。応募は公式Twitterアカウント(@MangapoloJP)をフォローし、選んだテーマに沿ったコメントや画像、動画などをハッシュタグ「#マンガポーロコミックス発売」「#(作品名)」を付けてツイートすることで完了する。

 第1弾の対象は7月29日発売の3作品でテーマは「となりの○○さん」「お酒」「いちご」。期間は8月28日まで。第2弾の対象は9月9日発売の2作品でテーマは「会社の奴には絶対知られたくない○○」「俺の町の○○」。期間は10月8日まで。

Twitterキャンペーン Twitterキャンペーン

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる