ニュース
» 2015年06月15日 18時30分 UPDATE

ひうらさとる、子宮頸がんをテーマにした漫画をWebで

子宮頸がん患者に向き合う一人の医師が主人公。全4話を順次公開していく。

[eBook USER]

 6月12日、『ホタルノヒカリ』などで知られる漫画家・ひうらさとるさんが作画を担当したWebコミック『医師の真実』が公開された(全4話)。これは、ヘルスケア・ソリューションを提供するMSDが展開している子宮頸がん啓発キャンペーン「子宮頸がん “私の問題”」の一環として描き下ろされたもの。

医師の真実 医師の真実

 同キャンペーンは子宮頸がんの実態と、この病気が女性の人生に与える影響を理解してもらうことを目的としている。特設サイトでは患者や家族などの実話を基にした短編、子宮頸がんの発症年齢や発症率をはじめ、子宮頸がんに関する7つの事実を視覚的に伝えるインフォグラフィックも公開している。実施期間は2015年3月30日〜2015年末まで。

 Webコミック「医師の真実」は、脚本家の藤井清美さんが原作を担当。子宮頸がん患者の不安に向き合う一人の医師を主人公としたもので、子宮摘出を乗り越え前向きに人生を歩みはじめた患者、大切な人を子宮頸がんで失った家族の葛藤などのエピソードを順次公開していく。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる