ニュース
» 2015年05月22日 09時30分 UPDATE

店頭での売上が2.2倍 情報工場とブックファースト新宿店のコラボ棚が常設に

書籍キュレーションベンチャー「情報工場」とブックファースト新宿店のコラボ、書籍販売によい影響が出ているようだ。

[西尾泰三,eBook USER]
ブックファースト新宿店の特設コーナー ブックファースト新宿店の特設コーナー。毎週水曜日と金曜日に書籍が入れ替わる。

 情報工場は5月22日、ブックファーストと提携して2月からブックファースト新宿店で展開している取り組みで、書籍販売に顕著な影響が見られたことから、常設が決まったと発表した。

 情報工場はビジネスパーソンに役立つ書籍を厳選し、内容を3000字にまとめて提供する書籍ダイジェストサービス「SERENDIP(セレンディップ)」を2005年から展開。ブックファーストとの取り組みでは、SERENDIPと連動した特設コーナーを設置。要旨などをまとめたA5やB7サイズのPOPと組み合わせるなどして書籍の魅力を訴求していた。

 展開から3カ月ほどたつが、通常の売り場で陳列していたときと比べ、売り上げは2.2倍となり、中には売り切れる書籍も出てきているとし、書店でのプロモーション方法の1つとして注目を集めている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia Book Club会員登録がまだの方はこちら

電子書籍/紙を問わず、読書を愛する皆さまに向け、特別な情報提供、書籍の献本、著者や業界関係者との懇親会、執筆活動を検討されている方へのサポートなどを順次提供し、皆さまの読書を強力にバックアップします。

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる