連載
» 2015年05月22日 12時00分 UPDATE

司書メイドの同人誌レビューノート:「サクッ!」かじる音まで聞こえてきそう、リアルなイラストが印象的な『おじいちゃんとパン』

秋葉原のカルチャーカフェ「シャッツキステ」の司書メイドことミソノが、同人誌のディープな魅力を紹介する連載企画。同人誌の用語を解説していく「ミソノ流ワンポイント用語解説」も必見。

[eBook USER]

 一般にはあまり出会う機会のない同人誌。アニメやマンガのパロディや、コスプレの写真集などさまざまなジャンルがありますが、こちらの連載では、私設図書館「シャッツキステ」の司書メイド・ミソノが、オリジナル創作や評論ジャンルの同人誌を中心にご紹介します。作家の「好き」が形になった同人誌、その魅力を体感してください。

『おじいちゃんとパン』(たな) 『おじいちゃんとパン』(たな)

紹介する同人誌

タイトル:『おじいちゃんとパン』

著者:たな

サークル名:棚

形態:A5 20ページ 表紙・本文カラー


 『おじいちゃんとパン』はフルカラーの見開きイラストに短い文章を添えた、絵本のような作りの同人誌です。男の子とおじいちゃんが向かい合って過ごす時間……彼らの真ん中にあるのは小さなテーブルと食パン。じーっと見つめられて「なんだちびすけ 食べたいのか しかたねぇな」と、こたえるおじいちゃん。このおじいちゃんのパンが、ものすっごくおいしそうなんです!

至福の食パン

 バターを塗って、さらにその上にたっぷりのイチゴジャム……! ちょっと大きくなった男の子とかじるのは、お腹にしっかりたまりそうな、バター+あんこ+きなこトースト。

 さらに、成長して背が伸びた少年と一緒に食べるのは、ラム酒に漬けたレーズンを無塩バターに練り込んだとっておき。マシュマロを乗せて焼いたパンはどんな舌触りなんでしょう。

 大きく描かれたパンは、やわらかなタッチでありながら、かぶりつく「サクッ!」という音が聞こえてきそうなほどリアル。黄金色のバターの魅力的なことと言ったら! ページをめくるたびにお腹が空いてきちゃいます。

rmfig4000-1.jpg これは絶対おいしい!

作品内ではゆったりとした時間が流れて……

 さまざまな食パンアレンジと一緒に、どんどん大きくなる少年と、彼を迎えるおじいちゃんとの時間が紡がれます。テーブルの端っこにしがみついていた男の子は、やがてランドセルを傍らに置くようになり、スポーツバッグ、背広姿に似合うビジネスバッグ……とその持ち物も変わっていきますが、おじいちゃんはいつも開襟の半袖シャツでのんびりと椅子に腰掛けています。

 成長する幼子と老人の姿に、シェル・シルヴァスタインの絵本『おおきな木』を連想しました。『おおきな木』では、子どもは大人になると、自分を見守ってくれていた木のそばから立ち去ってしまうのですが、この本では姿が見えなくなるのは……いえ、皆まで言いますまい。でも大丈夫です。最後はちゃんと笑顔で本を閉じられますとも!

 改めて表紙に目をやれば、きつね色の食パンの横に描かれているのは、パン袋のカラフルな留め具。そういえば、おじいちゃんの服も色とりどりでとってもおしゃれなんです。絵に添えられた手書きの文字も味わい深く、細やかなところにまで作者さんの気持ちが行き届いている、素敵な同人誌です。

ミソノ流ワンポイント用語解説

同人誌

 「同じ」「志」を持った人々が集い、その気持ちを本の形にして表現したもの。マンガ、イラスト、小説、短歌、俳句、評論、写真集などなど、表現方法は多岐にわたります。個人で発行することも多いです。

 その形状から「薄い本」と呼ばれることもありますが、私の本棚は隙間なく同人誌に埋め尽くされていたりします。

rmfigmisono.jpg ミソノ:いつでも優しい笑顔で、皆の心をいやしてくれる。普段は大きな図書館で司書をしており、司書ならではの本に関するお話は、日常では知る機会の少ない情報満載で、一聞の価値あり

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる