ニュース
» 2015年05月14日 15時18分 UPDATE

第3回河合隼雄物語賞に『かたづの!』、学芸賞は『自由という牢獄』

正式な受賞の言葉や選評は、新潮社の『考える人』2015年夏号で発表される。

[eBook USER]

 河合隼雄財団は5月11日、第3回「河合隼雄物語賞」「河合隼雄学芸賞」の受賞作品を決定。物語賞に中島京子さんの『かたづの!』、学芸賞に大澤真幸さんの『自由という牢獄― 責任・公共性・資本主義 ―』が選出された。物語賞の選考委員は上橋菜穂子さん、小川洋子さん、宮部みゆきさん、学芸賞の選考委員は岩宮恵子さん、中沢新一さん、山極寿一さん、鷲田清一さんが務めた。

『かたづの!』(中島京子) 『かたづの!』(中島京子)
『自由という牢獄― 責任・公共性・資本主義 ―』(大澤真幸) 『自由という牢獄― 責任・公共性・資本主義 ―』(大澤真幸)

 同賞は臨床心理学にとどまらず、さまざまな文学や音楽など文化全般の研究・考察を行っていた河合隼雄さんの遺志を継いだ河合隼雄財団が設立。河合隼雄さんの思想と研究の根幹となる「物語」を中心とし、人の心を支えるような優れた文芸作品や児童文学、さまざまな世界の深層を物語性豊かに著した作品を表彰する。選考は1年ごとに行い、毎年3月からさかのぼって2年以内に発表・発行された作品が対象。

 受賞者には記念品と、副賞として賞金100万円を贈呈。正式な受賞者の言葉や選評は、7月4日発売の新潮社の『考える人』2015年夏号で発表される予定。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる