ニュース
» 2015年04月10日 21時22分 UPDATE

電子書店はジャンルごとに使い分け――MMD研究所の調査

MMD研究所が4月2日〜4月4日に実施した電子書籍に関する利用実態調査の結果が公開された。

[eBook USER]

 MMD研究所は4月10日、「2015年4月電子書籍に関する利用実態調査」の結果を発表した。調査対象は、事前調査で電子書籍を利用していると回答した20歳以上の男女335人。調査方法はインターネットで、調査期間は4月2日〜4月4日。

 電子書籍を読む際に使用している端末は、「スマートフォン」が47.2%と最も多く、次いで「タブレット」が27.5%、「ノートパソコン」が9.3%となった。専用端末である電子書籍リーダーはフィーチャーフォン並みの4.5%という数値にとどまっている。

Photo

 利用している電子書店やアプリについては、「Amazon Kindleストア」が46.6%で最多、「楽天Kobo電子書籍ストア」が27.8%、「iBooks Store」が20.3%と続く。「その他」扱いになっている電子書店が多いため、この部分が54.3%と大きく膨らんでいる。

Photo

 電子書店を選ぶきっかけとなったものは、1位「App StoreまたはGoogle Playのランキングで知った」(18.2%)、2位「電子書籍に関連するサイトを見て」(15.8%)、3位「電子ギフトクーポンや電子書籍券をもらったから」(14.3%)の順となった。

Photo
Photo

 電子書店の使い分けについては、特に「読みたいジャンルの作品の充実度」(49.0%)、「無料で読める書籍が豊富」(48.1%)の2つを重視、次いで「ポイントや割引率の高さ」(32.2%)が上位に挙がっている。

 男女別でみると、男性は「読みたいジャンルの作品の充実度」を、女性は「無料で読める書籍が豊富」であることを重視する傾向にあることが分かった。「ポイントや割引率の高さ」も決め手とする人が多いようだ。

Photo
Photo

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia Book Club会員登録がまだの方はこちら

電子書籍/紙を問わず、読書を愛する皆さまに向け、特別な情報提供、書籍の献本、著者や業界関係者との懇親会、執筆活動を検討されている方へのサポートなどを順次提供し、皆さまの読書を強力にバックアップします。

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる