ニュース
» 2015年03月11日 17時36分 UPDATE

“詩壇の芥川賞” H氏賞に岡本啓『グラフィティ』、現代詩人賞には八木忠栄『雪、おんおん』

『グラフィティ』は第20回「中原中也賞」を、『雪、おんおん』は第30回「詩歌文学館賞」をそれぞれ受賞している。

[eBook USER]

 日本現代詩人会は3月7日、第65回「H氏賞」と第33回「現代詩人賞 」の受賞作品を発表。H氏賞には岡本啓さんの『グラフィティ』(思潮社)が、現代詩人賞には八木忠栄さんの『雪、おんおん』(思潮社)が選出された。

『グラフィティ』(岡本啓/思潮社) 『グラフィティ』(岡本啓/思潮社)
『雪、おんおん』(八木忠栄/思潮社) 『雪、おんおん』(八木忠栄/思潮社)


 H氏賞は、機械メーカー・協栄産業の創業者である平澤貞二郎さんの基金により1950年に創設された詩の新人賞。プロレタリア詩人でもあった平澤さんが匿名を強く希望したため、「Hirasawa」の頭文字「H」を冠しH氏賞と名付けられた。“詩壇の芥川賞”ともいわれる。現代詩人賞は1983年に創設され、現代詩集を対象に中堅以上の詩人に与えられる賞。

 各賞には賞金として50万円が贈られる。贈呈式は6月7日、東京・千代田区のホテルメトロポリタン・エドモントで開催予定。なお、岡本さんの「グラフィティ」は第20回「中原中也賞」、八木さんの「雪、おんおん」は第30回「詩歌文学館賞」の受賞も決まっている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia Book Club会員登録がまだの方はこちら

電子書籍/紙を問わず、読書を愛する皆さまに向け、特別な情報提供、書籍の献本、著者や業界関係者との懇親会、執筆活動を検討されている方へのサポートなどを順次提供し、皆さまの読書を強力にバックアップします。

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる