ニュース
» 2015年03月11日 15時17分 UPDATE

画業33周年の集大成――世田谷文学館で「浦沢直樹展」 2016年1月から

原画や秘蔵イラストが展示される予定。

[宮澤諒,eBook USER]

 東京の世田谷文学館で、2016年1月16日から3月31日に掛けて企画展「浦沢直樹展(仮称)」が開催されることが明らかとなった。原画や秘蔵イラストを展示し、画業33周年の集大成にふさわしい内容の展覧会になるという。

 浦沢直樹さんは、『20世紀少年』『MASTERキートン』『MONSTER』などの作品で知られる漫画家。2014年11月28日には、「MASTERキートン」の20年ぶりとなる新作『MASTERキートンReマスター』を刊行している。手塚治虫作品の愛読者としても知られ、漫画情報発信サイト「MangaStyle」では、手塚さんの娘である手塚るみ子さんとの対談が掲載されている。

 世田谷文学館では現在、漫画家・岡崎京子さんの原画などを集めた「岡崎京子展 戦場のガールズ・ライフ」を開催している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia Book Club会員登録がまだの方はこちら

電子書籍/紙を問わず、読書を愛する皆さまに向け、特別な情報提供、書籍の献本、著者や業界関係者との懇親会、執筆活動を検討されている方へのサポートなどを順次提供し、皆さまの読書を強力にバックアップします。

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる