ニュース
» 2015年02月09日 11時52分 UPDATE

萩尾望都の新刊出版記念原画展が銀座で開催、カラーイラストを多数展示

複製原画などオリジナルグッズの販売も。

[宮澤諒,eBook USER]

 東京・銀座のスパンアートギャラリーで3月8日、漫画家・萩尾望都さんの原画展「原画展 〜『銀の船と青い海』出版記念〜」が開催される。期間は3月15日まで。

rmfig321-1.jpgrmfig321-2.jpg 原画展 〜『銀の船と青い海』出版記念〜(出典:スパンアートギャラリーWebサイト)

 同展は、萩尾さんの新刊『銀の船と青い海』の出版を記念したもの。同作の貴重なカラーイラストを多数展示するほか、サイン入り複製原画(サインはプリントされたもの)などのオリジナルグッズも販売される。

 萩尾さんはSFやミステリー、ファンタジーなどさまざまなジャンルで活躍する少女漫画家。「少女漫画の神様」とも称され、2012年には少女漫画家としては初めてとなる紫綬褒章を受章している。代表作に『ポーの一族』『11人いる!』など。

萩尾望都 原画展〜『銀の船と青い海』出版記念〜

開催期間:3月8日〜3月15日

会場時間:午前11時〜午後7時(最終日は午後5時まで)

会場:スパンアートギャラリー

住所:東京都中央区銀座2-2-18 西欧ビル1F

入場料:無料


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia Book Club会員登録がまだの方はこちら

電子書籍/紙を問わず、読書を愛する皆さまに向け、特別な情報提供、書籍の献本、著者や業界関係者との懇親会、執筆活動を検討されている方へのサポートなどを順次提供し、皆さまの読書を強力にバックアップします。

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる