ニュース
» 2015年02月04日 18時30分 UPDATE

三省堂書店に行くと手に入る『磯部磯兵衛物語』の描き下ろしストーリー、さっそく試してきたで候

近距離無線通信技術「iBeacon」を使ったO2O施策。三省堂書店で働くことになった磯兵衛が描き下ろしで読めるぞ。

[宮澤諒,eBook USER]
rmfig312-1.jpg 三省堂書店神保町店の特設コーナー

 三省堂書店と集英社は2月4日、iBeaconを活用した『磯部磯兵衛物語〜浮世はつらいよ〜』(仲間りょう)描き下ろし作品の配信を開始した。実施店舗は、「神保町本店」「海老名店」「名古屋高島屋店」の3店舗。

 閲覧には「クラブ三省堂」アプリのダウンロードが必要(会員登録は不要)。集英社は2014年に開催した「わたしのマーガレット展」でもiBeaconを積極的に活用することで、特定の場所、例えば書店などでコンテンツをプッシュ型で配信できるようにし、足を運んでもらうための施策としている。今回のケースもまさにそうしたものだ。なお、クラブ三省堂アプリはAndroid版もあるが、今回コンテンツを受け取れるのはiOS端末のみとなる。iBeaconの利用方法についてはこちらが詳しい。

 「磯部磯兵衛物語〜浮世はつらいよ〜」は、集英社の漫画誌『週刊少年ジャンプ』で連載中の作品。いつもだらだらしている武士・磯部磯兵衛らの日常を描いたギャグ漫画で、浮世絵チックな画風が特徴。描き下ろしでは、三省堂書店で働くことになった磯兵衛を描いている。

 三省堂書店神保町店では、今回のために特設コーナーを設置。磯兵衛の特大ポップは書店員による力作だという。

rmfig312-2.jpg 磯兵衛といえば春画
rmfig312-3.jpg 無事ゲットできたで候(内容は自分の目で確かめるでござるよ)
rmfig312-4.jpg 磯兵衛もスマホを……って、よく見たらミカン!

 今後は、2月10日と2月20日にそれぞれ新たな話の配信が開始される。一度端末にダウンロードされた話は、以降iBeaconの接続なしに読むことができる。閲覧期限は2月28日まで。

配信開始日とタイトル

第一話:2月4日「人の為に謀りて忠ならざるか」

第二話:2月10日「朋友と交わりて信ならざるか」

第三話:2月20日「習わざるを伝うるか」


290x60_iOS_F.gif

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia Book Club会員登録がまだの方はこちら

電子書籍/紙を問わず、読書を愛する皆さまに向け、特別な情報提供、書籍の献本、著者や業界関係者との懇親会、執筆活動を検討されている方へのサポートなどを順次提供し、皆さまの読書を強力にバックアップします。

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる