ニュース
» 2015年01月15日 11時00分 UPDATE

国立国会図書館、デジタルデータ活用方法を探るワークショップを開催

「国立国会図書館デジタルコレクション」をはじめ、国立国会図書館が提供するさまざまなデータを活用するためのヒントやアイデアを参加者同士で考えるワークショップを行う。

[eBook USER]

 国立国会図書館(NDL)は2月21日、国立国会図書館の東京本館 新館大会議室で「国立国会図書館のウェブページを使い尽くそうアイデアソン〜NDLオープンデータ・ワークショップ〜」を開催する。参加費は無料。

Photo 国立国会図書館のウェブページを使い尽くそうアイデアソン〜NDLオープンデータ・ワークショップ〜

 同ワークショップはNDLが提供している「国立国会図書館デジタルコレクション」「国立国会図書館サーチ」「Web NDL Authorities」「NDL東日本大震災アーカイブ」「電子展示会」「レファレンス協同データベース」などのデジタルデータについて、アプリ開発や他のシステムへの取り込み、研究対象データとして解析するといった新たな活用法を参加者たちで探るというもの。

 当日はNDLで提供中の各種データ・サービス紹介やデータの利用方法についての解説を聞いたあと、グループごとに分かれてデータの活用法を考えるアイデアソンを実施。成果や当日の様子は、後日ホームページなどで公開する予定だという。

 定員は20名程度で、対象は図書館員、学生、研究者といった国立国会図書館データの利活用に関心のあるユーザー。申し込みは名前やアンケートなど必要事項を記載したメールで受け付けており、期限は1月30日まで。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia Book Club会員登録がまだの方はこちら

電子書籍/紙を問わず、読書を愛する皆さまに向け、特別な情報提供、書籍の献本、著者や業界関係者との懇親会、執筆活動を検討されている方へのサポートなどを順次提供し、皆さまの読書を強力にバックアップします。

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる