ニュース
» 2014年12月26日 15時14分 UPDATE

読みたかったあの本を復刊させるチャンス、復刊ドットコムで「書物復権2015」が開催

4月中旬には復刊作品を決定し、5月下旬に復刊ドットコムで販売予定。

[eBook USER]

 復刊ドットコムは12月26日、ユーザーから寄せられたリクエストを参考に、複数の出版社が復刊作品を決定する合同企画「書物復権2015」(第19回)のリクエスト受付を開始した。期間は2015年2月28日まで。

書物復権2015 書物復権2015

 参加しているのは岩波書店、紀伊國屋書店出版部、勁草書房、東京大学出版会、白水社、法政大学出版局、みすず書房、未來社、吉川弘文館、青土社の計10社、『自己喪失の体験』(著:バーナデット・ロバーツ著 訳:雨宮一郎|志賀ミチ/紀伊國屋書店)、『天使のおそれ 聖なるもののエピステモロジー』(著:グレゴリー・ベイトソン|メアリー・キャサリン・ベイトソン 訳:星川淳/青土社)、『陸軍幼年学校体制の研究』(野邑理栄子/吉川弘文館)など各分野の基本書140点157冊が対象となっている。

 4月中旬には復刊作品を決定し、5月下旬に復刊ドットコムで販売する予定。なお今回は少数の要望にも応えるため、オンデマンド版での復刊も実施するとしている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia Book Club会員登録がまだの方はこちら

電子書籍/紙を問わず、読書を愛する皆さまに向け、特別な情報提供、書籍の献本、著者や業界関係者との懇親会、執筆活動を検討されている方へのサポートなどを順次提供し、皆さまの読書を強力にバックアップします。

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる