連載
» 2014年12月26日 10時00分 UPDATE

電子コミック・プチレビュー:事故死した恋人を救い出す――何度でも、過去に戻って。

恋人が、目の前で事故死してしまう。しかもそれが、時空の歪みの中で、何度でも繰り返す……。今度こそ、彼を助け出せるのか? 『はるかリフレイン』は、そんな物語です。

[新崎幸夫,ハートコミックス]

 今回ご紹介する『はるかリフレイン』は、タイムスリップを題材にした物語です。主人公のはるかは、高校に進学したばかり。幼なじみの恋人、上条啓太(かみじょうけいた)と、ずっと幸せに過ごすことを願っています。

 しかし、そんな幸せな日々は突如として終わりを告げました。ある日、啓太ははるかの目の前で、交通事故で亡くなってしまうのです。

はるかにとって、啓太は「やさしくて足が長い」素敵な彼氏です はるかにとって、啓太は「やさしくて足が長い」素敵な彼氏です
tnfighc002.jpg 啓太が交通事故に遭うシーン。それもはるかの目の前で!

 失意のはるかは、啓太とよく遊んだ、思い出の場所を訪れます。そこで出会ったのは、一匹の不思議な猫でした。「私のカレシ 死んじゃったんだよ」と猫に話しかけながら、はるかはエサとして、フランクフルトをあげます。そのまま家に帰る途中、近所の時計台の16時の鐘が鳴るとき……奇跡が起きたのです。

4時を告げる鐘なのに、4つ目の鐘が鳴らない。不思議に思った次の瞬間、突如タイムスリップします! 4時を告げる鐘なのに、4つ目の鐘が鳴らない。不思議に思った次の瞬間、突如タイムスリップします!

 目が覚めると、はるかは過去に戻っていました。そこは、まだ、啓太が生きている世界。いつも通り朝食を食べ、学校に行き、テストを受けて、啓太と会話します。しかし「その時」が来ると、再び啓太は交通事故に遭って、亡くなってしまうのです。そしてはるかは、タイムスリップして過去に戻ります。――これは、あの猫の仕業なのか? 原因は不明ですが、どうやらはるかは、時間がループする、“時空のゆがみ”に落ち込んでしまったようなのです。

 何とかして啓太が死んでしまう未来を変えようと奮闘するはるか。あの手、この手で、啓太が交通事故に遭わないように仕向けます。しかし、運命は残酷でした。啓太はなぜか、はるかの努力もむなしく、いつも交通事故で亡くなってしまいます。それでも、はるかは16時の鐘の音を聞きながら、何度でも「やり直し」を続けるのです。

tnfighc004.jpg

さあ
啓太を救いに戻るのだ
時間を超えて
作戦開始!

 やがてはるかは、啓太を救うチャンスも無限ではなく、限りがあることに気づきます。そんな中、これなら啓太を救えるだろう……という、決定的な方法も見つけました。これなら啓太を救出できるのか? 続きはぜひ、自分の目で確かめてください。

 『はるかリフレイン』は全1巻。ドラマチックな物語ですが、どこか淡々とした、乾いた空気感で、冬の読書として楽しめそうな一冊となっています。現在ハートコミックスなどで、基本無料にて読むことが可能です。

ハートコミックスのアプリはこちらから

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる