ニュース
» 2014年12月25日 17時00分 UPDATE

電子書店「コンテン堂」にブラウザビューワが導入、音付きコンテンツにも対応

ブラウザビューワとして特徴的なのは、音付きコンテンツに対応している点。

[eBook USER]

 アイプレスジャパンは12月25日、同社が運営する電子書店「コンテン堂」にブラウザビューワを導入した。試し読みの部分から適用を始め、順次拡張予定。

 自社開発のブラウザビューワで、ストリーミングや見開き表示に対応。範囲を絞った先読みやスライドバーによるページジャンプ、無段階ズーム、ズーム状態でのページ送りや横スクロール補助機能なども備えている。対応フォーマットはEPUB・PDF。

ビューワ利用時 ビューワ利用時

 ブラウザビューワとして特徴的なのは、音付きコンテンツに対応している点。音楽系媒体、教育、マニュアル、講演など音声が付加価値となるコンテンツをブラウザ上で試読できる。

 音付きブラウザ立ち読みが利用可能なコンテンツは『かしわばやしの夜』『セロ弾きのゴーシュ』『まーたんとおつきさま 』などで、展開する電子書店は「コンテン堂」「おとえほん 電子書籍ストア」の2ストア。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる