ニュース
» 2014年12月24日 00時00分 UPDATE

1月5日“マガジン”に何かが起こる、講談社が謎のティザーサイトをオープン

サイトには「5・6・7」の数字と、1月5日までの時間を表示したカウンターが表示されている。

[宮澤諒,eBook USER]

 12月24日、講談社が詳細不明のティザーサイトをオープンしました。

 サイトには、「5・6・7」の数字とともにカウンターが設置してあり、12日後(2015年1月5日)に向けてカウントダウンが行われています。

ティザーサイト ティザーサイト

 数字に映っているのは、『監獄学園』の白木芽衣子や『修羅の門』の陸奥九十九、『フェアリーテイル』のナツ・ドラグニルなど、いずれも『週刊少年マガジン』『月刊少年マガジン』『ヤングマガジン』といった講談社の“マガジン”に登場するキャラクターたち。

 ちなみにサイトのソースを見ると「2015年1月5日、“マガジン”がもう一度始まる」といった意味深な言葉が。そういえば、集英社の「少年ジャンプ+」も創刊前に似たようなティザーサイトをオープンしていました。もしかしたらマガジンも『週刊少年ジャンプ』同様、電子版の配信かアプリでの展開を始めるのかもしれません。

 一体何が始まるのか、講談社はカウンターが0になる2015年1月5日に改めて発表するとしています。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia Book Club会員登録がまだの方はこちら

電子書籍/紙を問わず、読書を愛する皆さまに向け、特別な情報提供、書籍の献本、著者や業界関係者との懇親会、執筆活動を検討されている方へのサポートなどを順次提供し、皆さまの読書を強力にバックアップします。

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる