ニュース
» 2014年12月11日 00時00分 UPDATE

「デジタル古書」の未来がクリスマス前の23日に決まる

現地時間12月23日に判決予定。判決の行方によっては、デジタルコンテンツに関する所有権のとらえ方が変わるかもしれない。

[Michael Kozlowski,Good e-Reader Blog]
Good E-Reader
tnfigger002.jpg

 デジタル古書店の概念が、2014年12月23日に決められようとしている。この日、オランダの裁判所が出版社団体とオランダの電子書籍中古オークションベンチャーのTom Kabinetのいずれが正しいのか、決断を下すのだ。デジタル古書の未来は、この判決にかかっている。

 アムステルダム地方裁判所は7月、オランダの出版社団体に提訴されたTom Kabinetの営業継続を認める判決を下した。出版社団体側は、Tom Kabinetは著作権を侵害していると確信しており、その言い分にも一理ある。同団体の調査によると、Tom Kabinetで販売されている電子書籍の9割はP2Pサイトなどからダウンロードされた海賊版という。

 Tom Kabinetの論拠は、欧州連合(EU)司法裁判所が2012年に米Oracleと独UsedSoftの訴訟で下した判決だ。この判決は、“中古”ソフトウェアのライセンスの再販は合法であり、そうしたソフトウェアの製作者はいかなる再販をも妨害できないというものだ。

 欧州の出版業界全体が判決の行方に注目している。Tom Kabinetに有利な判決が出れば、デジタル古書を販売する古書店が何百も誕生するブームになるだろう。それは出版業界全体にとっては有益なことかもしれない。ここ数年の間に、小規模な古書店が激減しているのだから。

Copyright© 2015 Good E-Reader. All rights reserved.

(翻訳責任について)
この記事はGood E-Readerとの合意の下でアイティメディアが翻訳したものです。翻訳責任はアイティメディアにあります。記事内容に関するお問い合わせは、アイティメディアまでお願いいたします。

ITmedia Book Club会員登録がまだの方はこちら

電子書籍/紙を問わず、読書を愛する皆さまに向け、特別な情報提供、書籍の献本、著者や業界関係者との懇親会、執筆活動を検討されている方へのサポートなどを順次提供し、皆さまの読書を強力にバックアップします。

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる