ニュース
» 2014年12月03日 15時19分 UPDATE

王道エンタメ好きに送る――小説誌『文芸カドカワ』電子書籍で創刊

BOOK☆WALKERが提供する、会員制電子書籍サービス「角川文庫プレミアムクラブ」でも読むことができる。

[eBook USER]
文芸カドカワ 文芸カドカワ

 角川書店は12月3日、30代〜40代の男性をターゲットにした月刊電子小説誌『文芸カドカワ』を創刊した。価格は450円(税別)。

 創刊号では、『福家警部補』シリーズの大倉崇裕さんが送る警察サスペンス『GEEKSTER』、『扉は閉ざされたまま』の石持浅海さんによる館ミステリー『罪人よやすらかに眠れ』、『五色の舟』の津原泰水さんが描く料理人の成長物語『エスカルゴ兄弟』などのほか、パロディ漫画で知られる田中圭一さんが自身のうつ病からの脱出体験を描いた『うつヌケ〜うつトンネルを抜けた人たち〜』を2本立てで掲載。

『GEEKSTER』(大倉崇裕) 『GEEKSTER』(大倉崇裕)
『うつヌケ 〜うつトンネルを抜けた人たち〜』(田中圭一) 『うつヌケ 〜うつトンネルを抜けた人たち〜』(田中圭一)
『ナイト・ジャーニー』(日野草) 『ナイト・ジャーニー』(日野草)

 このほか、赤川次郎さんの『鼠』シリーズ、夢枕獏さんの伝奇アクション、サタミシュウさんのSM青春小説、花村萬月さんのロック小説、さらには、雑誌『小説・野性時代』『本の旅人』のコンテンツも抜粋して掲載している。

 文芸カドカワは、KADOKAWAの電子書店「BOOK☆WALKER」が提供する会員制電子書籍サービス「角川文庫プレミアムクラブ」(月額500円)でも読むことができる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia Book Club会員登録がまだの方はこちら

電子書籍/紙を問わず、読書を愛する皆さまに向け、特別な情報提供、書籍の献本、著者や業界関係者との懇親会、執筆活動を検討されている方へのサポートなどを順次提供し、皆さまの読書を強力にバックアップします。

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる